• HOME
  • ブログ
  • PR
  • 【水中ビジネスの必須アイテム!】8基のスラスターを搭載した水中ドローン「CHASING M2」 日本初登場

【水中ビジネスの必須アイテム!】8基のスラスターを搭載した水中ドローン「CHASING M2」 日本初登場

近年、日本でも大きな注目を集めている「水中ドローン」。

中国深セン本社の水中ドローンベンチャー企業の「CHASING社」とパ―トナー締結している「株式会社スペースワン(東京台東区)」は、新製品「CHASING M2」を発表します。

産業用途向け・プロユーザー向けに設計・開発」された「高性能水中ドローンであるCHASING M2」は、ベクトル化された8基のスラスター搭載により「360度全方位への自由自在な移動が可能」で、潜航水深は100メートル。これまで販売されている機種でも希少な、「バッテリーの着脱・交換式」で連続運用時間も大幅に拡大。

更にオプションとなる多種のアタッチメントを装着することで、水中でのM2の活躍の可能性は無限に広がる。水中ドローンは「見る」から「作業」の時代にかわりつつあります。

【2020年最新】ドローンで撮影する動画はこんなにクオリティが高い!

水中ドローンでの『作業』は不可能。そんな常識を覆すための挑戦

古くから水中撮影や調査、作業などで活躍してきた「ROV(Remotely operated vehicle)」に比べ、小型・軽量で高い操作性を兼ね備えた「水中ドローン」は、漁業や海洋事業を行う企業の中で近年注目を集め、様々な分野での利活用が進んでいる。

しかし、ロボットアームやソナーなど、多様な機能を搭載可能なROVと比較すると、「見る・撮る」ことが用途の中心となっている。その水中ドローンの活躍の場が大きく広がろうとしている。

今回新発売となるCHASING M2は、水中産業での様々な用途を想定して設計・開発された水中ドローンで、「機動性や作業性」が大幅に向上した「産業用・プロユース」を意識した機種となっている。

大きな特徴は、「8基のベクトル化されたスラスターを搭載」していることです。これにより「前後左右の横移動」「上下360度のチルト」「横回転」など「全方位・全角度」への自由度を可能にした。

さらに、CHASING M2は「グリッパー」「GoPro」「外部LEDライト」「レーザー」「センサー等の多種のアタッチメント」の取り付けが可能で、水中での多様な「作業」を実現する。

CHASING M2の画像

出展元:「PR Timesより」

CHASING M2の5つの特長があります。以下で、CHASING M2の5つの特長をご紹介します

・ベクトル化された8基のスラスターで、360度全方位自由自在の動きを実現
・運用時間に限界を作らない着脱・交換可能なバッテリー
・水中で「掴む」作業が行えるマニュピュレーターを含む多種のアタッチメント
・脱着可能なマイクロSDにより、録画データをすぐに取り出すことが可能
・機体コントロールに電波を使用しない、遅延の少ないワイヤードコントロール

・オープンプラットフォーム設計のボディ


CHASING M2の画像

出展元:「PR Timesより」

1.ボディはアルミ合金製のコンパクト設計を採用。
2.必要最低限のボディラインを保つことにより、水の抵抗を大きく軽減。
3.重量は5キログラム以下、一人での持ち運びができる新しい時代の産業用向け水中ドローン。

・ベクトル化されたスラスターを8基搭載


CHASING M2の画像

出展元:「PR Timesより」

1.水中ドローンの動きには制限があるという先入観をCHASING M2は払拭。
2.ベクトル化された8基のスラスターにより、姿勢制御を完全に管理。
3.ヨー・ピッチ・ロールの自由な可動域で全方向移動を可能とし、操縦者のイメージ通りの動きを実現。

・交換可能なバッテリーにより運用時間が拡大


CHASING M2の画像

出展元:「PR Timesより」

1.CHASING M2はバッテリーの着脱・交換が可能となり、バッテリーを交換することで連続運用が可能となる。
2.99Whのバッテリーは2〜4時間の潜水が可能。

・待望のSDカードの使用が可能に


CHASING M2

出展元:「PR Timesより」

1.デフォルトで内臓されている64GのSDメモリカードは取り外しが可能。
2.最大512GBまでのSDカードに対応し、撮影後は素早くデータを取り出すことができる。

・ハイスペックカメラを搭載。視野は驚異の152度へ


CHASING M2の画像

出展元:「PR Timesより」

1.内蔵4K/12メガピクセルEIS(電子式手ブレ補正)高性能カメラがあらゆる撮影を可能とし、視野は驚異の152度へ。
2.2000ルーメンのLEDライトを2基搭載することで、ダム・貯水槽・定置網・海底等あらゆるシュチュエーションで本領を発揮。

・水中ドローンは「見る」だけの時代から「作業」の時代に。オプションのアタッチメントを装着することで、可能性は無限に広がる。


CHASING M2、水中で「掴む」作業を実現するマニュピュレーターの画像

出展元:「PR Timesより」

CHASING M2プロモーション映像

 

・その他/オプション


ケーブル「E-Rell」の画像

出展元:「PR Timesより」

1.新しいケーブル『E-Rell』には、自動巻き上げ機能を搭載。
2.2分以内に200メートルのケーブルを格納することができ、満充電で約12回の使用が可能。
3.M2ユーザーはテザーケーブル “巻き上げ “の面倒から解放される。

ケーブル「E-Rell」の特徴・説明の画像

出展元:「PR Timesより」

商品スペック・金額

・本体

本体
サイズ 380×267×165(mm)
重量 4.5kg
最大深度 100m
最大速度 3Kn(1.5m/s)
平均稼働時間 2h~4h
バッテリー充電可能回数 300回
動作温度 -10℃~45℃

・充電器

充電器
充電器 2.9A/25.2V
充電時間 2h

・カメラ

カメラ
CMOS 1/2.3(SONY IMX377)
レンズ F1.8
焦点距離 1m
ISOレンジ 100~6400
視野 152°
最大解像度 12M
フォーマット JPEG/DNG
ビデオ 4K 30fps
1080P 30fps Slow(120fps)
720P 30fps Slow(240fps)
ビットレート 60M
動作形式 MP4
SDカード 64GB

・料金

料金(すべて税込価格)
基本セット CHASING M2(100mケーブルver) 328,000円
基本セット CHASING M2(200mケーブルver) 348,000円
アクセサリ CHASING E-reel〈別売単品〉付属3mテザーケーブル有 84,800円
アクセサリ M2 200Wh バッテリー 66,800円
アクセサリ M2 97Whバッテリー 46,800円
アクセサリ M2 Robotics Claw 58,800円
アクセサリ CHASING E-reel 200mケーブル付〈別売単品〉付属3mテザーケーブル有 119,800円

・CHASING M2購入リンク:https://gladius.jp/m2
・CHASING M2先行予約はコチラから:https://gladius.jp/m2-pre-order
・GLADIUS HP:https://gladius.jp/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。