• HOME
  • ブログ
  • PR
  • DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンスを発表

DJI、ドローンデータを分析するDJI Terraの永久ライセンスを発表

民生用ドローンと空撮テクノロジー分野で世界をリードするDJIは、2019年3月に発表したサブスクリプション形式のソフトウェア「DJI Terra」(ドローンデータをデジタル3Dモデルやマップに変換し、分析や意思決定に役立つ)を、2020年7月、買い切り可能な永久ライセンスとして再リリースしました。DJI Terraは、DJIのドローン技術を採用している企業や組織が、公共安全、建設、インフラ、農業、映画産業など、幅広い用途における空撮画像のキャプチャ、可視化、分析を可能にします。

DJI TERRA

出展:「PRTIMESより」

自動飛行計画とデータ収集

DJI Terraは、撮影したいエリアやオブジェクト、作成したい地図や3Dモデルの種類に基づき、ドローンパイロットが自動飛行を計画するための4つのミッションプランニングタイプを用意しています。

Mapping (マッピング) : マップ上にカスタムポリゴンのフライトゾーンを描くことで、特定のエリアを素早く簡単にキャプチャできます。選択したエリアに基づいて効率的な飛行経路を自動的に生成します。

Waypoint(ウェイポイント) : ウェイポイントとドローンの高度/速度、ヘディング、ジンバルピッチ、角度など調整可能なパラメータを使用して、カスタムフライトパスを作成できます。また、3Dフライト可視化機能を使用し、既存の3Dモデル上でミッションの設計とシミュレーションを行うことができます。

Oblique (オブリーク): 同じルートを自動的に複数回飛行させ、データセットをキャプチャします。各フライトは自動的にカメラの角度を調整して新しい詳細をキャプチャし、非常に鮮明な3Dモデルを作成します。

Corridor (コリドー): 道路、河川、パイプラインなど、長いインフラに沿ったマッピングに対応した自動飛行計画です。一つの飛行計画を複数に分離し、タスクを分けた作業を行うことができます。

リアルタイムマッピングと詳細な3Dモデル

DJI Terraは、ドローンパイロットが飛行に合わせて2Dオルソモザイクマップを素早く生成することを可能にし、短時間で意思決定を行う必要があるようなミッションに最適です。

また、高速処理能力は、詳細な2Dオルソモザイクや3Dモデルの再構築を通じて、あらゆる環境を鮮明に表現し、車両衝突事故現場の再構築、建設プロジェクトの進捗追跡、橋や道路の大規模なインフラ点検など産業用アプリケーションに活用されます。

価格と販売方法

販売価格、注文はDJI Enterprise正規代理店までお問い合わせください。
DJI Enterprise正規販売代理店: https://www.dji.com/jp/where-to-buy/enterprise-dealers

参考価格:税込100,000円~500,000円
*プランによって価格は異なります。

 体験版アカウントについて

DJI Terraの体験版をダウンロードすることができます。体験版アカウントでは、ミッションプラン作成、特定機体の自動航行、有償版で作成したプロジェクトを取込み、表示します。https://www.dji.com/jp/dji-terra/info#downloads

各プラン比較は、こちらからご確認ください
https://www.dji.com/jp/dji-terra

 オンラインセミナーのご案内

7月28日(火)14時より、DJI Terraの主要な機能と利用用途の実例を交えたオンラインセミナーを開催します。受講は無料。事前登録を受付中です。

事前登録:https://attendee.gotowebinar.com/register/5315345281055698188?source=Press+release

DJIについて

URL http://www.dji.com/ja
業種 製造業
本社所在地 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス11F
電話番号
代表者名 呉 韜
上場 未上場
資本金

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。

DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。

北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。