Apple Watch Series 6に血中酸素飽和度モニタリング機能を搭載

Appleのサプライチェーンの動向に詳しい台湾DigiTimesは、Apple Watch Series 6に血中酸素飽和度モニタリング機能が搭載されると伝えています。

次期Apple Watchの開発はスムーズ

Apple Watch 6には、睡眠状況、血中酸素飽和度、脈拍数、心拍数、心房細動のモニタリングが可能な生体センサーが搭載され、MEMS(微細加工技術で機械要素部品、センサ、アクチュエータ、電子回路を集積化したデバイス)ベースの加速度計とジャイロスコープも組み込まれており、他社のウェアラブルデバイスを寄せ付けない高度な測定精度が発揮される、とDigiTimesが報じています。

同メディアによれば、次世代Apple Watchの開発は、Appleと台湾企業ASE Technologyとの密接なコラボレーションにより、滞りなく進んでいるとのことです。

iOS14に血中酸素飽和度モニタリング機能を示唆するコードが発見

今年3月に、iOS14のコードの中に次期Apple Watchに血中酸素飽和度(SpO2)が一定値を下回ると、着用者に知らせる新機能が搭載されることを示すコードが発見された、と伝えられました。

Apple Watch Series 6血中酸素飽和度モニタリング機能は、watchOS7のソフトウェアアップデートによって実現される可能性も指摘されていましたが、今回のDigiTimesの報道は、Series 6のみで利用可能な機能となることを示唆しています。

2015年に初代Apple Watchがリリースされた際にiFixitが行った分解の結果、Apple Watchの心拍センサーは血中酸素飽和度も測定できることがわかりましたが、これまでAppleは同機能をアクティベートしてきませんでした。

Googleが所有するFitbitも血中酸素飽和度モニタリング機能を搭載したスマートウォッチを販売していますが、Apple Watch Series 6の機能はより洗練されたものとなるのではないか、と米メディアMacRumorsはコメントしています。

watchOS7

Appleは現地時間8月4日、watchOS7ベータ4とtvOS14ベータ4を開発者向けにリリースしました。現時点では、両ベータ4での目立った変更点は報告されていません。

睡眠アプリ

watchOS7では、ユーザーからも希望する声が多かった睡眠追跡機能が、睡眠アプリの一機能として追加されます。Apple Watchは加速度センサーを使って、呼吸をする時の動きを検知、寝ている状態と起きている状態を見分けます。

この他にも睡眠アプリには、睡眠モードや就寝時刻の設定、睡眠チャート、就寝準備など、良質な睡眠が得られるよう支援する、さまざまな機能が盛り込まれています。

文字盤

watchOS7では、文字盤がこれまで以上にカスタマイズしやすくなります。「クロノグラフプロ」はカスタマイズできるタキメーターを搭載。「特大」には多彩なコンプリケーションが加わり、写真アプリでは好きな写真にカラーフィルタが追加できます。

また自分で作った文字盤を、メッセージ、Eメール、オンラインのリンクで、他の人と共有できます。App Storeやオンラインでも、文字盤を探してApple Watchに追加できるようになります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。