Googleの完全無線イヤホン「Pixel Buds」日本発売へ

Googleは、完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」を日本で発売することを発表しました。価格は20,800円。Clearly White、Almost Black、Quite Mintの3色展開。

発売日に関しては、Google Storeにおいて、ウェイトリストに登録できるようになっています。

Pixel Budsの詳細

専用の12mm径ダイナミック型ドライバーを搭載。上質で豊かなサウンドを実現したそうです。

インイヤー型とイヤフォン型の長所を組み合わせたという、独自の「ハイブリッド音響デザイン」を採用しています。イヤーピースが耳にフィットしてノイズを遮断、パワフルなサウンドが体験できるとしています。空気孔を採用し、周囲の音を適度に聞こえやすくするとともに、圧迫感を軽減しています。

小型な筐体で、耳にフィットします。「帽子をかぶる時や上着を脱ぐときにも簡単には外れない。イヤリングも安心して付けられる」とのことです。数千人分の耳の形をスキャンし、より多くの人に合う快適な装着感を実現。イヤーピースは3サイズで、耳に収まるイヤフォンの固定用アーチとソフトフィットイヤーピースで構成しています。充電ケースはコンパクトなポケットサイズで、滑らかでソフトなデザインとなっています。

2個のビームフォーミングマイクと、ユーザーが話し始めるとあごの動きを検出する音声加速度計を搭載しています。これらの機能で、ジョギング時や風が強いときなど、外での雑音が多い環境でも、聞きやすいクリアな通話音声を追求しています。

アダプティブサウンド機能も備え、静かな場所から騒がしい環境に移動すると、操作しなくても自動的に細かく音量が調整され、家やオフィスなど静かな場所から、街中やカフェ、電車など、にぎやかな場所に移動するときに便利になっています。手動で音量調節した場合は、一時的にアダプティブサウンドが無効になり、ユーザーの設定が優先される様になっています。

Googleアシスタントにも対応。ハンズフリーで話しかければ、トレーニング用の音楽やポッドキャストの再生、メッセージへの返信をサポートしてくれます。

リアルタイム翻訳機能がすごい

グーグルの翻訳技術を駆使するリアルタイム翻訳は、当初、短い会話に対応。長い会話の同時通訳は、今後のソフトウェアアップデートで対応する。Pixelシリーズ、あるいはAndroid 6.0以降のスマートフォンとの組み合わせで「OK Google、英語に翻訳して」というだけで、英語で会話できるようになるという。

対応言語には、日本語、英語などを含む40もの言語があります(対応言語の案内ページ)。

「Pixel Buds」はスマートフォンとBluetoothで繋がり、クラウドにもスマートフォン経由で繋がる形です。そしてあらかじめ言語パックをダウンロードしておけば、オフラインでも使えるという凄さ!

タッチコントロールに対応。1回タップすれば再生と一時停止、2回で早送り、3回で巻き戻し、スワイプして音量を調節できます。操作は左右のイヤフォンどちらも同じなため、ジェスチャーも簡単で覚えやすくなっています。

電池持ちについては、1回の充電で5時間まで音楽再生ができ、ケースを使えば最⻑24時間使用できます。ケースに入れて10分充電すると2時間の音楽再生、1時間充電した場合はフル充電になります。ケース自体の充電は、USB Type-CケーブルもしくはQi規格対応のワイヤレス充電器で行えます。

耐久性についてはIPX4の防滴仕様のため、街中での利用だけでなく雨の日や汗をかく運動でも使えるので使い勝手がかなり良いでしょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。