【2020年 最新】「Macbook Air」のアップデートに注目!

Macbook Airの画像

出典:「Apple公式」より


2020年3月に「Macbook Air」が新しく最新スペックにアップデートされました。

Macbook Airといえば幅広い層に人気があり、過去にもスペックがアップデートされています。
2018年…Ritanディスプレイ搭載
2019年…キーボードとプロセッサの改良

そして、2020年3月…「実際にどこが変わったの?」
と疑問に思われるかもしれません。

結論から言うと、
今回のアップデート内容は大きく2つ。

1.「Magic keyboard」を採用
2.プロセッサの大幅進化

2018年にキーボードとプロセッサの改良はされているものの、今回さらなる改良が施されました。
他にも細かな部分の変更がなされているため、使い勝手が向上しています。

この記事では「Macbook Air2020」の最新スペックの詳細をご紹介していきます。

「Macbook Air2020」のスペックはこれだ


【主な特徴】 【Macbook Air2020 】
ディスプレイ 13.3インチ(Ritan ディスプレイ)
価格 104,800円(税別)から
カラー スペースグレイ
シルバー
ゴールド
プロセッサ 1.1Ghz(Intelデュアルコアi3) 
1.1Ghz(Intelクアッドコアi5)
1.2Ghz(Intelクアッドコアi7)
メモリ 8GB
16GB
ストレージ 256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
重量 1.29㎏
サイズ 【高さ】0.41~1.62㎝
【幅】 30.41㎝
【奥行】21.24㎝
バッテリー 11時間(最大)
キーボード Magic keyboard

 

Macbook Air 購入はこちらから

さらに詳しくMacbook Airの詳細スペックや歴代Macbookとの比較を行いたい方は、Apple公式サイトから比較をすることができます。


▼【モデル別の比較】

Macbook比較画面のが画像

出典:「Apple公式サイト」より


また、実際に「MacBook Air2020」を開封紹介している動画もあるので、使用感や外観のご参考までに。

まみよしさんのMacbook Air2020の開封&紹介動画です。

ここから、さらに詳しく「MacBook Air2020」のスペックをご紹介していきます。

デザイン

Macbook Airの画像

出典:「Apple公式サイト」より


「MacBook Air2020はAppleのMacbookシリーズの中で最もコンパクトなデザインとなっています。

初めてMacbook Airが登場した2008年1月から12年引き継がれている 『クサビ型』と呼ばれる、奥から手前に徐々に薄くなるウェッジデザインを採用しているため、スリムでシャープなデザイン。

そのため、平らなMacbook proに比べ、イスに座っている時や電車でひざに置きながらのタイピングに適した形状をしています。

Macbook Airの画像

出典:「Apple公式サイト」より

Macbook Air2020のカラーバリエーションは『ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3色。
Macbook Airは今までのMacの中で最も環境にやさしい再生アルミニュウム100%で仕上げられています。

Macbook Air2020に新しく採用されたMagic keyboardについても、これから解説していきます。

【ポイント】
1.スリムでシャープなウェッジデザイン
2.ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3色
3.新たに採用されたMagic keyboard

キーボード

Macbook Airのキーボードの画像

出典:「Apple公式サイト」より


Macbook Air2020の大きなアップデートの1つががキーボードです。

これまでMacbook Airはバタフライ構造のキーボードが採用されていましたが、

【これまでは】
・タイピングのしずらさ
・ほこりなどによる故障率

などが改善点にあげられていました。

そこで、新たにMacbook Air2020に『Magic keyboard』を採用。

Magic keyboardは16インチMacbook proに初めて搭載され、今回は改良が加えられバタフライ構造と置き換える形で『シザー構造』が採用されました。

Magic keyboardの特徴は再設計されたシザー構造によって、キーの運びが1㎜となり、前世代Macbook Airより深く安定した打鍵感を得られるようになりました。

Macbook Air2020では、矢印キーが逆T字型配列矢印キーになったことで、操作性も向上。
手元を確認しなくても簡単に、適切なキーを探せるように。

【例えば】
・スプレットシート内の移動
・ゲーム中や作業に集中している時

また、キーボードに環境光センサーが組み込まれているため、十分な明るさがない場所でもタイピングが出来るようになりました。

【ポイント】
1.シザー構造のキーボード
2.逆T字型配列矢印キー
3.バックライトキーボード

プロセッサ

Macbook Airの画面の画像

出典:「Apple公式サイト」より


Macbook Air2020では、プロセッサ性能が大幅にアップデートしました。

今回Macbook Airに搭載されているプロセッサは、『Intel第10世代型 ice Lakeプロセッサ』

Macbook Air2020の標準モデルは、
・1.1Ghz(Intelデュアルコアi3)
・1.1Ghz(Intelクアッドコアi5)

CTOオプションで1.2Ghz(Intelクアッドコアi7)を選べば、先代モデルと比べて

・CPUパフォーマンスは最大2倍
・グラフィックパフォーマンスは最大80%高速に

今回のMacbook Airはネットサーフィンからゲームプレイ、ビデオ編集まであらゆることをパワフルにこなすことができるため、Macbook proに勝らずとも劣らないスペックとなっています。

Macbook Airの最大16GBの高性能な3,733Mhzメモリは、複数のアプリを開きながらスムーズな作業が可能。

高速SSDストレージ容量も標準構成が256GBと一世代前の2倍の容量に。
最大で2TBまで構成できるので、映画、音楽、写真、ファイル、ゲームの保存など、あなたの用途に合わせてカスタマイズ。

【ポイント】
1.CPUパフォーマンスは最大2倍
2.グラフィックパフォーマンスは80%高速に
3.最大16GBの高性能メモリ
4.高速SSDストレージは標準256GB
5.用途に合わせてカスタマイズ可能

グラフィック性能

Macbook Airの画面の画像

出典:「Apple公式サイト」より


Macbook Air2020『Ritanディスプレイ』が見せる世界。

Macbook AirのRetinaディスプレイは400万以上のピクセルを詰め込んで2,560×1,600の解像度のため、驚くほどに色鮮やかで美しいグラフィック。
そして画像は細部までリアルで、文字もシャープでクリアに。

Macbook Airのグラフィックは『True Tone』テクノロジーのより周囲の色温度に合わせて、ディスプレイのホワイトポイントを自動で調整します。
よって、ウェブページやEメールを印刷物のように自然に映し出し、数百万色を再現できます。

Macbook Airは2018年のメジャーアップデートで5Kの映像出力が可能になり、そして今回Macbook Air2020モデルでは、なんと6Kの映像出力が出来るようになっています。

【ポイント】
1.数百万色の美しいグラフィック
3.『True Tone』テクノロジー
4.6K映像が出力可能に

ストレージ容量の増加

Macbook Air2020はストレージ容量が前世代Macbook Airの2倍になっています。

Macbook Air(2019) Macbook Air(2020)
128GB
256GB
512GB
1TB
256GB
512GB
1TB
2TB

Macbook Airは標準構成でストレージ容量が2倍になったため、単純に写真や動画、ゲームなど2倍保存できるということです。

前世代のMacbook Airで256GBにするにはCTOオプションで追加費用を支払う必要があったため、今回のストレージ容量の倍増はMacbook Airユーザーにとってうれしいアップデートです。

バッテリー持ち

バッテリーと電源


・最大11時間のワイヤレスインターネット
・最大12時間のApple TVアプリのムービー再生
・最大30時間のスタンバイ時間
・49.9Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
・30W USB‐C電源アダプタ、USB‐C電源ポート

Macbook Airが幅広い層に人気がある理由の一つとして、バッテリーの持ちがいいことがあげられます。
Macbook AirはTouch barがないためMacbook proに比べてバッテリーの持ちが長めです。
なので、バッテリー持ちを優先する場合は、Macbook Airをおすすめします。

どんな人にMacBook Airがおすすめ?

Macbook Air2020は今回のプロセッサの大幅アップデートにより、Macbook proに迫るスペックとなりました。

・高性能なプロセッサ搭載
・Magic keyboard採用
・より高速なグラフィックス
・標準構成で2倍のストレージ容量

「どんな人にMacbook Airがおすすめか?」ポイントをまとめていきます。

【こんなあなたにすすめ】
・Macbook Airは比較的ライトユーザーにおすすめ

・YouTubeやTwitter、Facebookなど一般的な作業をに使用する方
・プロレベルの編集作業をする予定のない方

最後にMacbook Airは高度な作業をする場合、Macbook proに軍配が上がります。
ですが、今回Macbook AirのアップデートによりMacbook proに限りなく近いスペックとなりました。
普段づかいで利用したいと考えているあなたは、スペック、価格、バッテリー持ちなどのトータルバランスを考え、Macbook Airをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。