AppleはノートPCだけじゃない!デスクトップ「iMac」に注目!

iMacの画像

出典:「Apple公式」より

ここ15年でApple製品は驚異的に普及してきました。
携帯…「iPhone」
ノートPC…「Macbook」
そしてデスクトップは「iMac」
今や日常でApple製品を目にしない日はないほどに。

今回はその中で、『iMac』の魅力に注目していきます。

簡単に概要を説明すると、

【サイズ】
・21.5インチ
・27インチ


【ディスプレイ】
・21.5インチHDモデル
・21.5インチ(Ritan 4Kディスプレイ)
・27インチ(Ritan 5Kディスプレイ)
27インチ(Ritan 5Kディスプレイ)は500ニトの輝度を持っているため10億色もの色を表現でき、グラフィックは驚くほど美しく、文字はシャープでクリア。


【プロセッサ】
第8世代または第9世代のIntel Coreプロセッサを装備して、最新の高性能グラフィックスをオプションで選ぶことができます。
どちらもFusion Driveを選ぶことぶことで、ストレージの処理スピードが驚くほど高速に。
また、6コア、8コアプロセッサを搭載することができるため、プロセッサに負担の大きいAdobe Photoshopなどのアプリケーションを使っている時のパワーが段違いになります。

iMacプロセッサ性能比較の画像

出典:「Apple公式サイト」より


【ストレージ】
ストレージとは容量を意味しますが、保存と出力のスピードも重要です。
その両方を兼ねそなたのが、iMacの『Fusion Drive』です。
あなたが最もよく使うアプリケーションは自動的にフラッシュストレージに保存され、他のものは大容量のストレージに保存されます。
起動から写真の読み込みなどのあらゆる動作を一段と早く、効率的に。


【コネクション】

iMacコネクション画像

出典:「Apple公式サイト」より

  • ヘッドフォン
  • SDXCカードスロット
  • USB3
  • Thunderbolt 3(USB-C)
  • ギガビットEthernet

【同封物】

iMac同封物の画像

出典:「Apple公式サイト」より

  • iMac
  • 電源コード
  • Magic Mouse2
  • Lightning – USBケーブル
  • Magic keyboard

ここから『iMac』のラインナップを紹介していきます。

iMACのラインナップを紹介


iMacの画像

出典:「Apple公式サイト」より


iMacのラインナップは2つのモデルから選ぶことができます。
iMacのラインナップから21.5インチか27インチを選び、そこから自分の用途に合わせてディスプレイやプロセッサ、ストレージなどをカスタマイズしていくことができます。

iMacの画像

出典:「Apple公式サイト」より

iMacのカラーバリエーションは全ラインナップシルバーで統一されています。

また、iMacの主な特徴をラインナップ別に表にまとめていきます。

iMac【ラインナップの主な特徴】

【21.5インチ】 【21.5インチ】
Ritan 4Kディスプレイ
【27インチ】
Ritan 5Kディスプレイ
2コア
Intel Core i5プロセッサ
最大
6コア
Intel Core i7プロセッサ
最大
8コア
Intel Core i9プロセッサ
最大
16GBメモリ
最大
32GBメモリ
最大
64GBメモリ
最大
1TBストレージ
最大
1TB ストレージ
最大
3TBストレージ
120,800円(税別)から 142,800円(税別)から 198,800円(税別)から

 

「iMAC」のスペックを比較


iMacの詳細スペックをモデル別に比較したい方はApple公式サイトより。

▼iMac【モデル別の比較】

iMacモデル別の比較画像

出典:「Apple公式サイト」より

21.5インチiMACの特徴・スペック

21.5インチiMacの特徴とスペックを表にまとめていきます。

iMac 【21.5インチiMac】
価格 120,800円(税別)から
プロセッサ 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5
Turbo Boost使用時最大3.6GHz
グラフィック Intel Iris Plus Graphics 640
メモリ 8GB
16GB
ストレージ 1TB 5,400rpmハードドライブ
1TB Fusion Drive
256GB SSD
ディスプレイ 21.5インチiMac(対角)LEDバックライトディスプレイ
ワイドスクリーンディスプレイ
1,920 x 1,280ピクセル
320ニトの輝度
標準色(sRGB)
重量 5.66 kg
サイズ 【高さ】45.0 cm
【幅】 52.8 cm
【スタンドの奥行き】17.5 cm

続いて21.5インチiMac(4K)ディスプレイのスペックを表にまとめます。

21.5インチiMAC(4K)の特徴・スペック

21.5インチiMac(4K)の特徴とスペック。

iMac 【21.5インチiMac】
(Ritan 4Kディスプレイ)
価格 142,800円(税別)から
プロセッサ 3.6GHzクアッドコアIntel Core i3
3.0GHz 6コアIntel Core i5
3.2GHz 6コアIntel Core i7

Turbo Boost使用時最大4.6GHz
グラフィック Radeon Pro 555X(2GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro 560X(4GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro Vega 20(4GB HBM2メモリ搭載)
メモリ 8GB
16GB
32GB
ストレージ 1TB 5,400rpmハードドライブ
1TB Fusion Drive
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
ディスプレイ 21.5インチiMac(対角)LEDバックライトディスプレイ
Retina 4Kディスプレイ
4,096 x 2,304ピクセル
500ニトの輝度

広色域(P3)
重量 5.60 kg
サイズ 【高さ】45.0 cm
【幅】 52.8 cm
【スタンドの奥行き】17.5 cm

最後に27インチiMac(5K )の詳細スペックを表にまとめます。

27インチiMAC(5K)の特徴・スペック

27インチiMac(5K)の特徴とスペックを表にまとめていきます。

iMac 【27インチiMac】
(Ritan 5Kディスプレイ)
価格
198,800(税別)から
プロセッサ
3.0GHz 6コアIntel Core i5
3.1GHz 6コアIntel Core i5
3.7GHz 6コアIntel Core i5
3.6GHz 8コアIntel Core i9
Turbo Boost使用時最大5.0GHz
グラフィック Radeon Pro 570X(4GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro 575X(4GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載)
Radeon Pro Vega 48(8GB HBM2メモリ搭載)
メモリ 8GB
16GB
32GB
64GB
ストレージ 1TB Fusion Drive
2TB Fusion Drive
3TB Fusion Drive
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
ディスプレイ 27インチiMac(対角)LEDバックライトディスプレ
Retina 5Kディスプレイ
5,120 x 2,880ピクセル
500ニトの輝度
広色域(P3)
重量 9.42 kg
サイズ 【高さ】51.6 cm
【幅】 65.0 cm
【スタンドの奥行き】20.3 cm

以上、27インチiMac(5K )の詳細スペックでした。

結果的にコスパが良い「iMAC」はどれか?

iMacのスペックについて紹介してきましたが、
「結果的にコスパがいいiMacはどれか?」
と疑問に思われると思います。

そこで、『コスパ』に焦点を当ててまとめていきたいと思います。

結論から言うと、

・ディスプレイ
・性能
・価格

上記の観点からトータルバランスを考え、『21.5インチ(Ritan4Kディスプレイ)』が一番コスパがいいです。

理由
・21.5インチ
・21.5インチ(Ritan4Kディスプレイ)
・27インチ(Ritan5Kディスプレイ)

上記3つiMacからまず選ぶことになりますが、21.5インチHDモデルの価格は一番安いエントリーモデルとなっていますが、旧世代のHDディスプレイのため画面は荒く、2コアCPU(GPU内蔵)なので、デスクトップ型のPCにしては処理スピードが遅めです。

比べて、21.5インチ(Ritan4Kディスプレイ)はRitanディスプレイを搭載しているため、画質はかなり綺麗で、文字も滑らかに映し出します。
クアッドコアCPU(外部GPU)で処理スピードも速め。
価格も142,800円(税別)とコストパフォーマンスが良いです。
ブログ更新や動画視聴、資料作成などの幅広い作業を高いクオリティでこなせるため、おすすめ。

27インチ(Ritan5Kディスプレイ)は、当然ですがディスプレイ、性能、拡張性のどれをとっても上位スペックです。
27インチを作業領域が広く、5K解像度で画質がかなり綺麗。
6コアCPU(外部)GPUのため、処理スピードはかなり早く、iMacモデルの中で唯一メモリの増設が可能となっています(最大128GB)
ですが、プロのクリエイターなど、性能を十分に引き出せるユーザーが限定され、価格も198,800(税別)からとなっているため、コスパの面では、21.5インチ(Ritan4Kディスプレイ)に劣ってしまう場合があります。

よって、専門的な作業をする予定のなく、どのiMacにしようか迷われているのなら『21.5インチ(Ritan4Kディスプレイ)』がトータルでコスパが良く、おすすめです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。