• HOME
  • ブログ
  • iPhone12
  • iPhone12の新色は「ネイビーブルー」で決定か?発売は10〜11月に延期が予想される

iPhone12の新色は「ネイビーブルー」で決定か?発売は10〜11月に延期が予想される

2020年秋に登場予定のiPhone12シリーズは、従来のミッドグリーンを廃止し、新たにネイビーブルー(ミッドナイトブルー)がカラーバリエーションに追加されると予測されています。こうした観測をもとに、ネイビーブルーのiPhone12 Maxのコンセプトイメージが新たに登場しました。

ネイビーブルーが新登場

4種類登場すると考えられるiPhone12シリーズのうち、iPhone12 Maxは6.1インチの有機EL(OLED)ディスプレイとデュアルカメラを採用すると予想されています。こうした予測をもとに、North’s Globe Conceptsが新たに精緻なコンセプトデザインを公開しました。

ネイビーブルーの美しさもそうですが、iPhone11シリーズとは異なるデザインも目を引きます。iPhone12シリーズには、近年モデルのように丸みのある2.5Dガラスではなく、iPhone6以前のような平面ガラスが採用される予定です。またメタルフレームで直線的なデザインとなる見込みで、iPhone4のような外見になると考えられています。

また、iPhone12 Maxの横に並んだApple Watch Series 6も注目に値します。North’s Globe Conceptsは先日もApple Watch Editionセラミックケースモデルのネイビーブルー版となる画像を投稿していますが、iPhone12と並ぶと一層美しさが際立ちます。

iPhone12 Maxの価格は749ドル(約78,840円)、Apple Watch Series 6は349ドル(約36,740円)と予想されています。

あた、Appleのサプライチェーンの動きに詳しい台湾DigiTimesは、今年秋登場予定のiPhone12シリーズの4つのモデルのうち、6.1インチの「iPhone12 Max」と「iPhone12 Pro」が先に発売される、と伝えています。

6.1インチモデルのSLPマザーボードはすでに出荷開始済み

DigiTimesがAppleサプライヤーから仕入れた情報によれば、iPhone12シリーズの2つの6.1インチモデルのサブストレートプリント配線板 (SLP)マザーボードの出荷がすでに始まっており、残りの6.7インチモデルと5.4インチモデルのものは8月後半に出荷予定であるとのことです。

このことから、Appleは今年の5G対応iPhoneのうち、2つの6.1インチモデル「iPhone12 Max」と「iPhone12 Pro」を最初に発売し、6.7インチモデル「iPhone12 Pro Max」と5.4インチモデル「iPhone12」はもう少し遅れて販売を開始する可能性がある、とDigiTimesが報じています。

AppleのCFOがiPhone12シリーズは例年よりも遅れると発言

7月末のAppleの2020年第3四半期(4月〜6月)の業績発表で、当社の最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏が、「昨年の最新iPhoneモデルは9月末に発売となったが、今年のモデルは数週間遅れて販売開始となる」と述べたと伝えられました。

今回のDigiTimesの報道では、2つの6.1インチモデルと、6.7インチモデル/5.4インチモデルとの発売時期がどれくらいずれるのか言及されていませんが、「iPhone12 Max」と「iPhone12 Pro」は10月ごろ、「iPhone12 Pro Max」と「iPhone12」は10月中ないし11月に発売に至るのではないかと推測されます。

Source:Twitter-North’s Globe Concepts via Wccftech

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。