デュアルSIM対応のiPhone?e-SIMではなく物理SIMは対応?

近年よく耳にする「デュアルSIM」ですが、「通信料金や電話料金が節約できる」と注目を集めています。

【デュアルSIMとは】
デュアルSIMは、一台のデバイスにSIMカードを2枚差し込み使用できます。それにより、2つの携帯電話回線を1台のスマホで同時に取り扱うことが可能です。
2つの携帯電話回線を1台に登録し集約することで、2つの電話番号の使い分けが可能なので「仕事用」「個人用」など使用用途ごとに分けて使うことができます。
また、データプランを選んで使うこともできるので、「大手キャリアのSIM」と「格安SIM」の組み合わせなども可能になっています。

しかし、これだけの説明では「デュアルSIMって何?」「どんな恩恵が受けられるの?」「デュアルSIMはiPhoneに対応してるの?」など多くの疑問がある方も多いと思います。

ここでは、デュアルSIMについて詳しく説明するとともに、デュアルSIMを使用することのメリットなどについてご紹介します

デュアルSIMのメリットはこれだ!

iPhoneでデュアルSIMを使いたいと考えている人の中には「デュアルSIMってメリットあるの?」と疑問に思う人もいると思います。ここでは、デュアルSIMを使うメリットをご紹介します

まずデュアルSIMは4種類流通しています。それぞれの名称と特徴を以下の表でご紹介します。

デュアルSIM
シングルスタンバイ
(DSSS)
デュアルSIM
デュアルスタンバイ
(DSDS)
デュアルSIM
デュアルVoLTE
(DSDV)
デュアルSIM
デュアルアクティブ
(DSDA)
同時待ち受け ×
SIMカードの切り替え 手動
(設定画面から)
自動 自動 自動
電話の発信 優先設定しているSIMカードの電話番号のみ発信できる どちらのSIMカードの電話番号からも発信できる どちらのSIMカードの電話番号からも発信できる どちらのSIMカードの電話番号からも発信できる
電話の着信 優先設定しているSIMカードの電話番号のみ着信できる *1 どちらのSIMカードの電話番号も着信できる どちらのSIMカードの電話番号も着信できる どちらのSIMカードの電話番号も着信できる

*1 優先設定していない電話番号に着信があった場合、リアルタイムではわかりません。SIMカードを切り替えたときに、ショートメッセージで着信があったことをお知らせします。
参考資料:BIGLOBE.biz

最近ではデュアルSIMのニーズが急増してきています。理由としては、デュアルSIMにすることで得られるメリットが多いからです

【デュアルSIMを使って得られるメリット】
1.スマートフォン1台で、2つの電話番号が利用できる
2.データ通信と音声通話を別キャリアにできる
3.国内用・海外用で使い分けが可能
4.キャリアに問題が生じても通信維持が可能

1.スマートフォン1台で、2つの電話番号が利用できる


BIGLOBEデュアルSIMの画像

出展元:「BIGLOBEより」

デュアルSIMスマートフォンは、1台のデバイスで2つの電話番号を使うことが可能です。

従来は、「仕事用」と「個人用」で2台のデバイスを使い分けるというのが一般的でした。しかしデュアルSIMが登場してからは、「仕事用」と「個人用」の電話番号が1台で済みます。

このようにスマートフォン1台で「仕事用」と「個人用」の回線を使い分ける場合は、同時待ち受けが可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応のスマートフォンがおすすめです。

また、機種によってはLINEなどのアプリを1つの携帯に2つインストールすることが出来ますので、アプリの使い分けの時にもデュアルSIM対応機種であれば便利です。

2.データ通信と音声通話を別キャリアにできる


音声通話SIMとデータSIMを別々で契約する画像

出展元:「BIGLOBEbiz.より」

キャリアによっては「データ通信のコスパ」が優れていたり「音声通話のコスパ」が優れていたりします。

通話を頻繁にする人なら「カケホーダイ」などの定額制の通話料金が安いSIMを使い、もう片方で「HIS mobile」などの格安SIMを使うことでコストを抑えることができ経済的です。

また価格ドットコムで「格安SIMカードランキング」を掲載しています。

3.国内用・海外用で使い分けが可能


格安SIMを国内・海外で使い分ける画像

出展元:「BIGLOBEbiz.より」

海外に不慣れな人は「日本と同じ感覚でデータ通信をしたら、帰国後に多額の請求が来てるのでは?」と不安になると思います。

デュアルSIMなら1台のスマートフォンに「国内用のSIM」「海外用のSIM」両方を挿し込んでおけるので、海外旅行や海外出張などで安心して同じスマートフォンを使用することができます。

また国内と海外でSIMを使い分ける際には、SIMを手動で切り替えられる「デュアルSIMシングルスタンバイ(DSSS)」があれば大丈夫です。

4.キャリアに問題が生じても通信維持が可能



デュアルSIMスマートフォンであまり知られていない利点として、「キャリアの回線に障害が発生し、通信圏外になっても通信を維持できる」という機能があります。

キャリアによっては繋がる場所、繋がらない場所があります。

例えば「A社のSIMは山間部で繋がらなかったが、B社のSIMは繋がった」などSIMが2つあることで接続障害が起きても、どちらか片方は繋がる可能性があります。

今回ご紹介した「デュアルSIM対応のスマートフォン」のメリットは、「デュアルSIM対応のiPhone」でも同様のメリットが受けられます。

デュアルSIM対応のiPhoneやスマートフォンを賢く使い、今までiPhoneやスマートフォンを3大キャリア等で使っていた人も格安SIMとの組み合わせで発生する料金を抑えることができます。

大手キャリアの回線を維持したい」「毎月の通信料を抑えたい」と考えている人は、デュアルSIM対応のiPhoneやスマートフォンがおすすめです。

iPhoneのデュアルSIMとは?

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降は、nano-SIM と e-SIM を使ったデュアル SIM に対応しています。

しかし対応している地域が「中国」「香港」「マカオ」だけなのが現状です。

e-SIMを理解しよう!

e-SIMとはEmbedded SIM の略で、埋め込み型のSIMという意味を指しています。以下にe-SIMの特徴と利点をご紹介します

特徴① iPhoneなどの端末にあらかじめチップが埋め込まれていて、そこに後から必要な情報を追加できます。なので従来のiPhoneのように物理的なSIMを挿入する必要がなくなります。
特徴② e-SIMはiPhoneなどの端末に埋め込まれているので、従来のSIMのように取り外したり、入れ替えたりすることができません。
特徴③ 物理的なSIMの入れ替えをしなくてもネットワーク経由で、契約者情報などが書き換えできます。
利点① 端末を製造するメーカでは、e-SIMはサイズがコンパクトで幅を取らないため、長期的に見てコスト面で有利になると予想されています。
利点② e-SIMの導入でSIMスロットが廃止されることで、防塵・防水などの対策が楽になるとされています。

 

  1. この記事へのコメントはありません。