• HOME
  • ブログ
  • earphone
  • 【Apple – イヤホン関連情報】AirPods3は既にAppleが開発中?それよりもApple純正ヘッドホンが気になる

【Apple – イヤホン関連情報】AirPods3は既にAppleが開発中?それよりもApple純正ヘッドホンが気になる

NBドローンスクールバナー2

iOS14のソースコードから、AirPods(第3世代)らしきモデルのアイコンを開発者が発見し、画像を公開しています。著名アナリストのミンチー・クオ氏が予測した製品特徴と合致しています。

未発表のコードネーム「b427」

iOS14の内部向けビルドを解析しているiOSデベロッパーのあおいカニ(@blue_kanikama)氏が、「b427」のコードが振られたAirPods Proの充電ケースのような製品を発見した、とツイートしています。既存のAirPodsシリーズに割り当てられたコードネームは、AirPods Proが「B298」、AirPods(第1世代)が「B188」、AirPods(第2世代)が「B288」なので、未発表の製品であることが分かります。

リーク情報をもとにしたYouTube動画を公開しているConceptsiPhone(@RanAvni1)氏が、iPhone12のパッケージ内に設置される仕切りプレートのものだとするリーク画像を、Twitterに投稿しています。このリーク画像では、仕切りプレートに充電器を収める場所は見当たりません。

iPhone12では付属品純正イヤホンが無くなる?

ConceptsiPhone(@RanAvni1)氏が、「100%信頼できるものだ」とし、iPhone12のパッケージ内の仕切りプレートのものだとするリーク画像をTwitterに投稿しています。この画像は、CADデータのレンダリング画像のように見えます。

凹みは、充電ケーブルとEarPodsのスペースか?

この、仕切りプレートと思われるパーツの凹みには、丸い部分に充電ケーブルが収められるだろうと、同氏は予想しています。

しかしながら、もう1つの四角いスペースは、何を収納するためのものなのか謎だとしています。この四角いスペースについてフォロワーは、「EarPodsのためのスペースだろう」とコメントしています。
MacRumorsは、この画像の信憑性は高そうに思えないとしながらも、丸いスペースはUSB-C – Lightningケーブルを収める部分、四角いスペースはEarPodsのスペースとするには薄すぎるように見えるため、ステッカーか何らかの説明書などを収める部分ではないかと予想しています。iPhone12は、充電器とEarPodsを同梱しないと噂されています。

Apple純正ヘッドホン「AirPods Studio」は今年発売?


Appleは純正ワイヤレスイヤホンの「AirPods」と「AirPods Pro」の売上が非常に好調で、ワイヤレスイヤホン市場の総収入の70%超を占めています。AppleはAirPodsの成功をさらに拡張し、独自開発のワイヤレスヘッドホンを計画していると長年ウワサされてきました。この独自開発のワイヤレスヘッドホンは「AirPods Studio」という名称で、2020年後半に正式発表されるとApple関連メディアの9to5Macが報じています。

Exclusive: AirPods Studio to feature head and neck detection, custom equalizer settings, more – 9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/05/11/airpods-studio-features-exclusive/

2018年頃からウワサが流れているApple純正のワイヤレスヘッドホン「AirPods Studio」について、9to5Macは複数の情報筋から「2020年後半にAppleから正式に発表される」という情報を得ているとのこと。 Source:ConceptsiPhone(@RanAvni1)/TwitterMacRumors

  1. この記事へのコメントはありません。