iPhone12、120Hzディスプレイを非搭載か?ベゼルや音質は向上?

iPhone12シリーズのディスプレイ、デザイン、内蔵スピーカーなどについて、リーク情報をまとめた動画を人気YouTuberのEverythingAppleProが公開しました。

120HzのProMotionディスプレイは非搭載で出荷か


2020年のiPhone12シリーズは、スタンダードモデルiPhone12、iPhone12 Max、上位モデルiPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの4モデルが発売されると見られています。

EverythingAppleProは、マックス・ワインバック氏が得たリーク情報として、リフレッシュレート120HzのProMotionディスプレイは、少なくとも上位モデルiPhone12 Proシリーズに搭載されるものの、無効化されて出荷されるとのことで、Appleが今からこの計画を変更することは考えにくいそうです。

ワインバック氏は先日、iPhone12 ProにProMotionディスプレイは搭載されない、との情報を提供しているほか、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCの最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏も、iPhone12 ProにProMotionディスプレイは搭載されない、と以前の予測を修正しています。

ProMotionディスプレイを搭載して無効化する理由や、将来的なiOSのアップデートによる利用可否については、動画では言及されていません。

同様の例としては、iPhone11シリーズで、双方向ワイヤレス充電機能用の部品が搭載されているもののソフトウェアで無効化されている、とみられており、iFixitによるiPhone11 Proの分解レポートでも、それらしき部品が発見されています。

iPhone12シリーズは全モデル、ベゼルが細くなる

同じくワインバック氏からの情報として、iPhone12シリーズは、画面周囲のベゼル(枠)が、昨年までのモデルより細くなる、と述べています。

特に上位モデルiPhone12 Proシリーズのベゼルは、スタンダードなiPhone12シリーズよりもさらに細くなるとのことです。

iPhone12 Proではスピーカーの音質が向上


公開された動画では、iPhone12 Proで内蔵スピーカーの音質が向上するとして、ワインバック氏が入手した音源のサンプルを聴くこともできます。

動画の中では、iPhone11 ProとiPhone12 Proで、ともに音量を50%にして再生した音楽を聴くことができますが、iPhone12 Proのほうが低音に厚みがあり、クリアな音になっていることが分かります。

iPhone11 Pro/Pro Maxは9月に販売終了?

ワインバック氏は、2020年9月30日にiPhone11シリーズの販売が終了する、とも述べています。

シリーズのうち、どのモデルの販売が終了するかは不明ですが、iPhone11 ProとiPhone11 Pro MaxがAppleの販売ラインナップから消えると考えられます。

スピーカー比較動画

EverythingAppleProによるスピーカーの聴き比べ動画はこちらです。

iPhone11 ProとiPhone12 Proの内蔵スピーカーで再生した音の比較をしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。