Galaxy A22 5Gの情報がリーク Galaxy最安値のモデルか?

サムスンの次期Galaxy、といえば次期フラッグシップのGalaxy S21シリーズが注目されています。FCC通過情報よりすでにGalaxy A32 5GがauよりSOG08としてリリースされることが確定しています。

そして、その他にも、サムスンは低価格モデルGalaxy A22 5Gを準備しているという噂が上がっています。Galaxy A22 5GはGalaxy A21sの後継機という位置づけで、のGalaxy A32 5Gよりさらに下位の5G対応モデルということになるでしょう。

Galaxy A22は初の2万円台5Gモデルで最安値

Galaxy A22は初の2万円台5Gモデルで最安値

韓国メディアetnewsが伝えた情報によると、サムスンは来年、現行のGalaxy A21の後継機となるGalaxy A22を第2四半期にリリースするとのこと。

同モデルは5G通信に対応で、価格は前モデルのGalaxy A21とほぼ同じ27万ウォン前後(約2万5千円)になるとのことで、これはGalaxyの5Gモデルとしては最安価格になります。

ちなみにGalaxy A21(上画像)は税抜き2万円、税込み2.2万円で国内でもドコモの2020-2021年冬春モデルとしてリリースされており、人気はまずますといった感じです。

その後継機であるこのGalaxy A22も早ければ夏モデルとして、遅くとも秋冬あたりに国内投入される可能性は十分にあると思われ、韓国同様にA21と同水準の価格ならば2万円台前半で販売される見込みです。

同メディアによると、Samsungはインドや東南アジア向けのスマホ生産において、コストを抑えるために現地の下請協力会社と製品および技術を共同開発し、生産を委託する「合同開発生産(JDM)」方式を取っており、来年発売予定の新しい5Gスマホ生産にも、この方式が適用される見通しのようです。

また同社は2021年上半期には「Galaxy A32 5G」を発売し、ミッドレンジの5Gスマホ市場攻略を計画している様子が伺えます。

Galaxy A22のスペックは?

Galaxy A22のスペックは?

Galaxy A22の気になるスペックですが、現在詳細は不明です。

ただ、1ランク上位のGalaxy A32 5GがMediatekのDimensity 720を搭載することが判明しています。よって、その後継機のA22に搭載されるチップは同じDimensity 720かそれより下位のチップ、ということと予想されます。

他にも、Dimensity 700になるという情報もありました。Dimensity 700は現在リリースされている5G対応SoCの中で最も安価とみられています。700より一つ上のDimensity 720搭載機は中国市場で複数発売されており、それら機種の多くの価格は日本円換算で1万円台です。

今後正式な情報、リーク情報が更新されましたら情報を追加していきます。