サムスンが完全無線イヤホン「Galaxy Buds Live」を発表

2020年8月5日 日本時間午後11:00より開催された、サムスン電子の公式製品発表イベントである Galaxy Unpacked 2020 Augustにて、サムスンの新型完全ワイヤレスイヤホンである Galaxy Buds Live が公式発表されました。

デザイン

Galaxy Buds Liveは、完全独立型ワイヤレスイヤホンです。外観は、そら豆のような形状で、今までのGalaxy Budsシリーズとは全く形の異なるイヤホンになっています。従来のBudsシリーズの様に先端が尖っておらず、イヤホンが耳から突き出ることのないように設計されています。

Galaxy Buds Liveのカラーバリエーションは、ミスティックブラックミスティックホワイト、そして今回目玉のミスティックブロンズの三色展開となっています。

新機能

Galaxy Buds Liveの目玉機能は、なんといってもアクティブノイズキャンセリング搭載です。Galaxy Budsシリーズ史上初のアクティブノイズキャンセリングは、最大97%の周辺騒音をカットし、より音楽に没入できます。

また、12mmのスピーカーと低音ダクトを搭載し、音の厚みが増したイヤホンになっているほか、3つのマイクとボイスピックアップユニットを搭載することによって、アンビエントモード(外音取り込みモード)がさらに強化されています。

そのほか、音質を低下させずに友人や家族と音楽をシェアできる「Buds Together」機能や、Galaxy Buds Liveをワイヤレスマイクとして使用し、音声を録音できる機能を備えています。また、複数の機器との接続が可能になったため、従来のように機器を変えるごとに接続し直す必要がなくなりました。

バッテリー持ちは、アクティブノイズキャンセルが有効になっている場合は、前作のGalaxy Buds+と比較すると短くなっています。前作のGalaxy Buds+ではケースでの充電もあわせて最大22時間再生可能だったのに対して、Galaxy Buds Liveは最大21時間再生可能とされています。

このバッテリー駆動はAirPods Proよりも優れている可能性があります。サムスンによれば、Bixbyとアクティブノイズキャンセリングを有効にした状態で6時間の再生時間をうたっており、ケース込みなら合計21時間利用できます。一方、AirPods Proはわずか4.5時間しか持ちません。BixbyとANCをオフすれば8時間、ケース込みなら29時間も利用できるというのです。なお、今年発表されたGalaxy Buds+は22時間(本体11時間、ケースで11時間)バッテリーが持ちます。

販売価格

Galaxy Buds Liveは、2020年8月6日より一部の国において予約が開始されます。販売価格は、169ドル、日本円で約1万8000円となっています。

詳細スペック

スペックの詳細は以下の通りです。

Galaxy Buds Live
対応製品 Android 5.0以上、iPhone 7(iOS10)以上
スピーカー 12mm
マイク 3(外側2、内側1)
再生可能時間 6時間/合計21時間(ANC,Bixby Voice Wake-upオン時)
8時間/29時間(ANC,Bixby Voice Wake-upオフ時)
通話可能時間 4.5時間/合計17時間(ANCオン時)
5.5時間/19時間(ANCオフ時)
電池 イヤホン本体:60mAh
ケース:472mAh
接続 Bluetooh v5.0
コーデック:Samsung独自スケーラブル、SBC、AAC
寸法 イヤホン本体:16.5 × 27.3 × 14.9 mm, 5.6g
ケース:50 × 50.2 × 27.8 mm, 42.2g
充電 5分の充電で約1時間再生可能
Qi認定ワイヤレス充電対応(ケースのみ)
防水性能 IPX2

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。