au、3.5GHz帯を用いた5Gサービスを12月17日から開始「Galaxy S20」など対応

KDDIは12月17日より、4G向け周波数である3.5GHz帯の5G転用を、東名阪の主要都市で順次開始ました。

3.5GHz帯の5Gを利用するにはソフトウェア更新が必須で、この機種別のソフトウェアの更新時期をKDDIが公開しています。

3.5GHz帯の5G対応機種は?

3.5GHz帯を利用した5Gサービスを利用するには対応するスマートフォン(スマホ)などの製品をソフトウェア更新する必要があり、すでに12月16日より提供されている「Galaxy S20 5G SCG01」および「Galaxy S20+ 5G SCG02」(BTS Edition含む)、「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」は対応済みとアナウンスされています。

そして今月9日に行なわれた発表会で必要な認証を取得していると説明されていた「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」も対応済みのようです。

その他にも上記機種以外の製品についての対応予定時期も案内されており、「Xperia 1 II SOG01」や「Xperia 5 II SOG02」が2021年1月以降、「Google Pixel 5」は2月以降に開始されるとのことです。以下対応予定表。

アップデート対象機種 アップデート開始日
Galaxy S20 5G SCG01 2020年12月16日
Galaxy S20+ 5G SCG02
Galaxy S20+ 5G BTS Edition SCG02
Galaxy S20 Ultra 5G SCG03
Xperia 1 II SOG01 2021年1月以降開始予定
Xperia 5 II SOG02
Galaxy Z Flip 5G SCG04 2021年2月以降順次開始予定
Galaxy Z Fold2 5G SCG05
Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06
Galaxy A51 5G SCG07
AQUOS R5G SHG01
AQUOS zero5G basic DX SHG02
ZTE a1 ZTG01
Google Pixel 5
OPPO Find X2 Pro OPG01
Mi 10 Lite 5G XIG01
Speed Wi-Fi 5G X01

 

サービスエリアも公開

auでは5Gサービスのエリアマップを公開していますが、3.5GHz帯を利用した5Gサービスの提供開始に合わせて従来のSub6およびミリ波に加えて3.5GHz帯などのSub6・ミリ波以外の周波数による今冬以降のエリアが掲載されました。

3.5GHz帯のサービスエリアも公開されており、KDDIによると「5Gエリア<ミリ波・sub6>以外の周波数」が3.5GHz帯に該当するとのことです。

3.5GHz帯によって東京では山手線沿線がほとんど5Gエリアとなるほか、名古屋や大阪も5Gエリアが大きく広がっています。また、KDDIは2021年3月に5G基地局を約1万局、2022年3月には約5万局展開すべく、エリア整備に力を入れています。

サービスエリアのチェックは以下のリンクより可能です。