iPhone12、有線イヤホンと電源アダプタが同梱されない?

アップルは2020年後半に発売するスマートフォン「iPhone」の全新機種に高精細で軽量の有機ELパネルを採用する見通しです。

これまでは液晶パネルと併用していたが、韓国サムスン電子など競合他社が搭載機種を増やしており方針を転換する。脱液晶の流れが加速し、部品や素材メーカーを含めたパネル産業の構造転換につながりそうです。サプライヤーなど複数の関係者が明らかにました。

また、2020年秋の「iPhone12」シリーズは3サイズ、4モデル構成で、すべて5Gに対応し有機EL(OLED)ディスプレイを搭載、電源アダプタとイヤホンは同梱されない、と日本経済新聞が報じています。

iPhone12シリーズ、先行情報どおりの構成になるか

iPhone12」と噂される次期iPhoneについて日本経済新聞は、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3サイズ・4機種が発売されすべて5Gに対応する、とサプライヤー関係者からの情報として報じています。

「iPhone12」シリーズのラインナップについては、これまでアナリストらによる予測やリーク情報として噂されている内容と同様の報道です。

省電力性能に優れたOLEDディスプレイは、iPhone11シリーズでは上位モデルiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxにのみ搭載していましたが、5G対応で増加する消費電力をカバーするために全モデルで液晶からの切り替えを決めた、と伝えられています。

OLEDは主にSamsungが供給

日本経済新聞は、「iPhone12」のOLEDは主にSamsungが供給すると報じており、2019年のOLED出荷額で73.5%と大きなシェアを持つSamsungが、Appleからの受注でさらに勢力を拡大すると報じています。

一方、日本の液晶メーカーであるジャパンディスプレイ(JDI)は、売上げの6割がApple向けと、iPhoneへの依存度が高いだけに、さらに苦しい状況に追い込まれるとみられています。

電源アダプタと有線イヤホンも非同梱か

日本経済新聞の海外版Nikkei Asian Reviewは、iPhone12にはUSB電源アダプタと有線イヤホンEarPodsが同梱されない、との情報も伝えています。

Apple関連の著名アナリストであるミンチー・クオ氏も、次期iPhoneに有線イヤホンが同梱されないとの予測を5月に発表し、6月末にはイヤホンも電源アダプタも同梱されない、と予測を修正しています。

Appleは最近、iPhoneを買い替えたユーザーを対象に、前に使っていたiPhoneに同梱されていた電源アダプタをどうしたかを尋ねるアンケートを実施しています。

有線イヤホンと電源アダプタを同梱しないことで、5G対応で上昇する製造コストを相殺できるだけでなく、外箱がスリムになるために輸送コスト引き下げの効果もあるとみられます。

情報元:日本経済新聞,

 

AirPodsシリーズは大きく伸びる

クオ氏は、2020年の後半に、ワイヤレスイヤホンのAirPodsシリーズの出荷台数が大きく伸びる、とも予測しています。

AirPodsシリーズの出荷台数が伸びる理由としてクオ氏は、「iPhone12」購入者の需要だけでなく、品薄状態が続いていたAirPodsシリーズの在庫が2020年後半までに安定するのに加えて、2020年後半にはAppleがAirPodsシリーズのプロモーションを行うことを挙げています。

クオ氏は、2020年第2四半期(4月〜6月)には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、AirPods(第2世代)の出荷台数が800万台、AirPods Proが920万台、合計1,720万台で前年同期比28.9%のマイナスとなると見込んでいます。

しかし、第3四半期(7月〜9月)には前年同期比43.5%、第4四半期には同39.4%と大幅なプラス成長に転じ、2020年通年ではAirPods(第2世代)とAirPods Proの合計で前年比65.1%のプラスに相当する9,380万台が出荷される、とクオ氏は述べています。

この予測は、以前、クオ氏自らが2020年通年の出荷台数として公開した「8,000万台〜9,000万台」をさらに上回る数字です。

情報元:MacRumors

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。