【最新iPad情報】2020年最新となるiPadはミニサイズ?iPad Pro miniとの噂も。

Appleが、2020年第4四半期(10月〜12月)に、ディスプレイにミニLEDを採用したiPad Proの発売を計画している、と台湾メディアDigiTimesが報じています。
ipad proといえば、現行の最新モデルでは上記画像の「Apple Magic Keyboard 」もかなり評判が良く、一時期は入荷街の状態が続いていたほどだ。そんな大人気沸騰中のiPad Proが最新機種としてリリースされるかもしれないという。

ミニLED搭載iPad Proの発売が計画か

背面にLiDARスキャナを搭載した新型iPad Proが発売されたばかりですが、2020年第4四半期に、ミニLEDディスプレイを搭載したiPad Proの発売が計画されており、LEDメーカーが生産能力を拡大しているとDigiTimesが伝えています。

同メディアは、Appleが有機EL(OLED)よりもミニLEDの採用に積極的な姿勢を示している、とも報じています。
今回の報道ではその理由は明示されていませんが、AppleとしてはSamsungへの依存度が高いOLED以外のディスプレイ技術を確保する狙いがあるとみられます。

著名アナリストも2020年後半の発売を予測

 

ミニLEDは、現在のiPadシリーズに採用されている液晶(LCD)よりも、高精細な表示が可能になるメリットがあります。
Apple製品へのミニLED採用については、著名アナリストのミンチー・クオ氏が2019年9月、2020年後半以降にミニLEDディスプレイを採用したiPadやMacBookが発売される、と予測しています。
10月には、AppleサプライヤーEpistarの社長が、自社の顧客がミニLEDを採用した製品の開発を進めている、と発言して注目を集めました。

2020年2月には、Innoluxが次期iPad Pro用のミニLEDディスプレイの受注を獲得した、と報じられています。
ミンチー・クオ氏は先日、2020年後半にミニLEDディスプレイを搭載した6種類のApple製品が発売される、との予測を発表しています。

Appleは新型iPad Proの40%増産を指示

 

DigiTimesによると、Appleはサプライヤーに対し、2020年第2四半期(4月〜6月)の新型iPad Proの生産を、当初計画より40%増産するよう指示しています。
これは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリモートワークや在宅学習のニーズが高まっており、タブレットなどのデバイスの需要が増えているためとみられます。

5G対応iPad Proの情報も

なお、2020年後半に、A14Xプロセッサを搭載し5G通信に対応したiPad Proが発売されるとの情報もあります。情報がともに正しければ、ミニLEDディスプレイは、5G対応iPad Proに搭載されるかもしれません。

Source:DigiTimes via 9to5Mac

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。