• HOME
  • ブログ
  • SCHOOL
  • 【新潟県上越市でドローン資格を習得!】「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越」を紹介

【新潟県上越市でドローン資格を習得!】「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越」を紹介

ドローンはただ単に空撮をするだけではなく、何か商品を紹介したいときに「躍動感」を持たせたプロモーションビデオをドローンで撮影することで紹介したい商品をよりかっこよく見せることができます。

また近年のMV(ミュージックビデオ)では、ドローンを使って撮影したりするなどドローンの需要が増加傾向にあります。

しかし、便利で誰でも簡単に操作できるドローンには「ヒューマンエラーが起こりやすい」という悪い一面があります。

不確かな知識や技能のままドローンを操縦すると「大きな事故」に繋がりかねません。

そこで「本当に実践的な技術」「現場で役に立つ知識」「業界の最新情報」と多くの魅力がある「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越」を受講してみてはいかがでしょうか。

本記事では、新潟県上越市で確かなドローン知識・技能・資格を取得できる「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越」をご紹介します

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越について紹介!

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越公式サイトの画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越は、「セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)」が国土交通省登録の「講習管理団体」として、SUSC ドローンスクールを管理運営しています。

SUSC ドローンスクールは、日本におけるドローンのリーディングカンパニーである「SEKIDO(セキド)」がこれまで培ってきた「ドローンの安全運用に関する知識や技術」を、日本全国のお客様に正しく学んで欲しいという考え方設立されたドローンスクールです。

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越について
会社名
株式会社フォト・オフィスオーツー
所在地
〒943-0171
新潟県上越市藤野新田336-1
TEL 025-530-7718
FAX 025-530-8800
営業日 水~金曜日
営業時間 11:00~17:00

※参考資料:SUSC ドローンスクールセキド新潟上越について

また、セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)は、以下のような内容で活動している団体です。

【セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)概要】
1.講習業務
2.ドローンの啓蒙活動
3.ドローン関連サービスの提供

1.講習業務


セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)では、昨今のビジネスの現場で急成長を見せるドローンの業界において、各企業様の業務に即した「ドローン運用」の後押しとなるような、「ドローンパイロットの技術向上」を目指し実業務を反映した「安全で実務的なカリキュラム」の提供を行っています。

また、セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)は、国土交通省が掲げる「各種管理要件を満たす公式の団体」として活動していて、SUSCの豊富なナレッジ(知識・知見)を集約し、各種講習を「構築」「普及」「実施」しています。

2.ドローンの啓蒙活動


セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)では、ドローンが身近にある社会の実現を目指す中で、各種セミナーへの「登壇やイベント」「シンポジウム」「カファレンス」へ有識者の派遣を通じ、ドローンの更なる「発展」「飛躍」のための「啓蒙活動」を実施しています。

3.ドローン関連サービスの提供


セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)は、ドローン関連サービスを「受けたい企業」と「サービスを提供したいという企業」との橋渡しをするべく、広く会員になってくれる「企業や団体」を募集しています。

これまでの実績として、「空撮実業務」「講師派遣」「講習会のアウトソーシング」等のサービスを提供しました。

このようにドローンの普及活動等をしているセキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)が管理運営している「SUSC ドローンスクール」ですが、SUSCドローンスクールが多くの方に選べれるのには理由があります。

以下で、SUSCドローンスクールが多くの方に選ばれる理由となっている「4つの特徴」をご紹介します

1.価値のある技能認定
2.確かな実績
3.経験豊富な講師
4.最新情報での講習

1.価値のある技能認定


SUSC ドローンスクール公式サイト「ドローン技能認定資格」の画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」

SUSC ドローンスクールでは、国土交通省登録の「ドローン技能認定資格」を取得できるなど「価値のある技能認定」を行っています。

技能認定講習は、「合格」が担保されているわけではありません。

セキド無人航空機安全運用協議会(SUSC)は、「認定責任」を重要と考えていて、合格基準に満たない方は、自称プロパイロットであろうが不合格になります。

このように誰でも合格できるわけではなく、しっかりと前向きに講習を受けてSUSCを合格し、自信と誇りをもって「SUSC有資格者」と名乗れるような、「価値のある技能認定」を行っているので、合格した方は自信を持ってドローンをビジネスに生かしたりすることができます。

2.確かな実績


SUSC ドローンスクールでは、これまで全国で「8,000人以上」の方が受講をしている「確かな実績」を持っているドローンスクールです。

また、個人の受講だけでなく数々の「企業や団体」にも選ばれています。

以下で、「講習実績のある企業・団体」をご紹介します

【講習実績企業・団体様】
・KDDIエンジニアリング株式会社様
・某大手損害保険会社様
・某大手ハウスメーカー様
・某大手ガラスメーカー様
・(一社)全国建設産業団体連合会
・(公財)土地改良測量設計技術協会
・(一財)東京消防協会
・総務省 情報通信政策研究所
・国土交通省 航空局 職員向け講習
・国土交通省国土地理院
・鎌倉市消防局
・総務省 消防庁
・東京消防庁
・他

このように個人だけでなく、多くの企業や団体から喜ばれるようなドローンスクールということで、「ドローンを初めて触るという初心者の方」「ドローンスクールで迷っている企業・団体」など安心してSUSC ドローンスクールを受講できます。

3.経験豊富な講師


SUSC ドローンスクールには「現役のプロドローンパイロット」が務めているなど、豊富な実践経験と多くの受講者を育ててきた実績を持つ「ドローン経験豊富なプロの講師」が実践的な指導をしてくれます。

現役のプロドローンパイロットが勤務しているので「ドローンを扱うのが初めてで不安」「ドローンの専門的な話も聞いてみたい!」という方などでも親身になって話を聞いてくれます。

またSUSC ドローンスクールは「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越」以外にもSUSC ドローンスクールが各地にあり、どのスクールも豊富な経験を持つ講師ばかりなので安心して受講していただけます。

4.最新情報での講習


ドローンの市場は日々進化し続け、半年前の情報は「陳腐化」する可能性があります。

そこで、SUSC ドローンスクールでは母体である「SEKIDO(セキド)」が持つ「最新の業界情報や法令」「各種事例」などを盛り込み、常に「最新情報を取り入れた講習内容」を提供します。

・最新機種での講習

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越公式サイト「最新機種での講習」の画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」


SUSC ドローンスクールは最新機種を使って講習を行います。

他のドローンスクールにはないような最新機種で講習を行うことができるので、「新鮮な感じ」と「最新機種を使える喜び」を味わうことができます。

・最新の業界情報や法令・事例を学べる

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越公式サイト「最新の業界情報や法令・事例を学べる」の画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」


SUSC ドローンスクールでは、常に「最新の業界情報」「法令」「事例」を学ぶことができます。

常にドローンの最新情報を知ることができるので、「ドローンの現状と未来」を先読みすることができます。

・最新アプリの操作方法が分かる

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越公式サイト「最新アプリの操作方法が分かる」の画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」


SUSC ドローンスクールでは、「最新アプリの操作方法」が分かります。

いざドローンを操縦する時に最新のアプリを知っておけば「迷うことなく」スムーズにドローンを飛ばすことができます。

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越受講内容を紹介

SUSC ドローンスクールの受講コースは大きく分けて、「技能認定講習」「講習会・セミナー」の2種類があります。

【SUSC ドローンスクール受講コース】
1.技能認定講習
・SUSC無人航空機操縦士3級/2級/1級
・SUSC無人航空機操縦士2級昇級
2.講習会・セミナー
・SUSC 操縦士育成セミナー【1日基礎講習】
・SUSC操縦士育成セミナー【半日講習】
・SUSC GSProセミナー【基礎】
・SUSC GSProセミナー【応用】
・SUSC企業向け講習3日間10時間フライト

このようにドローンに触れたことがない「初心者の方」でも安心して受講できて、ドローンを活用する事業や業務を「正しく安全に遂行」するために必要となる、必要最低限の「知識」「技能」を習得できる「技能認定講習」。

手軽に受講することができて、「基礎から専門的な知識」まで習得でき、受講修了後には「修了証」が発行される「講習会・セミナー」など初心者から上級者まで幅広い方に安心して受講できるコースを用意して皆さんの受講をお待ちしています。

初心者から上級者までドローン資格を取得!「SUSC 無人航空機操縦士

SUSC ドローンスクールセキド新潟上越で受講できるコースの内、「ドローンに触れたことがないという初心者の方」から「ドローンの知識と技能はあるけど資格が欲しい!という上級者の方」まで幅広い方を対象にした「SUSC 無人航空機操縦士」があります。

SUSC 無人航空機操縦士は、ドローンを活用する事業や業務を「正しく安全に遂行」するために必要となる、「必要最低限の知識と技能」の習得を目指した「技能認証制度」です。

ここでは、ドローンオペレーターとしての「普遍的な心構え」から「法律」「気象や電波などの専門知識」「実用的なフライト技能」「日々情報が入れ替わる、ドローンの最新情報・機能」など、幅広い内容を含む講習を行っています。

以下の手順で、SUSC 無人航空機操縦士について詳しく解説していきます

1.各級について
2.取得のメリット
3.受講条件
4.受講費用と受講日数
5.各階級のプログラム内容
6.認定証・カード発行までの流れ(全階級共通)

1.各級について


SUSC 無人航空機操縦士の階級は3つあります。

以下で、それぞれの階級について詳しく解説します

・無人航空機操縦士 1級
・無人航空機操縦士 2級
・無人航空機操縦士 3級

・無人航空機操縦士 1級


無人航空機操縦士 1級は、ドローンの飛行経験が「50時間以上」あり、航空法が定める規制に則り、「目視外飛行を含む方法」で、「ドローンを正しく安全に運用することができる技術」を身につけている操縦士であるということを証明をします。

また、無人航空機操縦士 1級を所持していることで、無人航空機操縦士2級・3級の「講習を実施できる知見や技術」を持ち、「無人航空機操縦士の講師資格」の証明になります。

・無人航空機操縦士 2級


無人航空機操縦士 2級は、ドローンの飛行経験が「10時間以上」あり、航空法が定める規則に則り、「目視外飛行を含む方法」で、「ドローンを正しく安全に運用することができる技術」を身につけている操縦士であるということを証明します。

・無人航空機操縦士 3級


ドローン飛行経験が「10時間以上」あり、航空法が定める規則に則り、ドローンを正しく安全に運用することができる技術を身につけている操縦士であるということを証明します。

無人航空機操縦士 3級は「目視外飛行を含まない」ので注意が必要です。

2.取得のメリット


SUSC認定 無人航空機操縦士は、一定の要件を満たす技能講習として、「国土交通省航空局HP」に登録されています。

また、SUSC 無人航空機操縦士を受講する「5つのメリット」があります。

以下で、SUSC 無人航空機操縦士の5つのメリットをご紹介します

メリット1.国土交通省地方航空局へ飛行許可申請を簡略化できる
メリット2.認定インストラクターの的確な指導
メリット3.助成金が適用される
メリット4.ヘルメットシールをプレゼント
メリット5.技能認定カードが発行される

メリット1.国土交通省地方航空局へ飛行許可申請を簡略化できる


SUSC 無人航空機操縦士を受講することで国土交通省地方航空局へ飛行申請を行う際に、「無人航空機操縦士の認定証」を添付することで、以下の事項を「省略」することが可能です。

❶無人航空機の「飛行経歴」「知識」「技術確認書
❷飛行形態(下記表)についての追加基準への適合性の確認資料

申請時に省略できる飛行形態の比較
1級 2級 3級 D社 J社
技能認証に含む飛行形態
空港周辺の制限空域
地表又は水面から150m以上の高さの空域
人又は家屋の密集している地域の上空
夜間飛行
目視外飛行
人又は物件と30mの距離が確保できない飛行
催し場所上空の飛行
危険物の輸送
物件投下

※参考資料:申請時に省略できる飛行形態の比較

メリット2.認定インストラクターの的確な指導


SUSC ドローンスクールセキド新潟上越には、「認定インストラクター」が在籍していて、的確な指導を受けることができ、「フライト技術」の習得をすることができます。

メリット3.助成金が適用される


無人航空機操縦士 1級・2級・3級の講習に関しては「講習時間が20時間以上」なので、「人材開発支援助成金申請」を活用することができます。

SUSC 無人航空機操縦士を受講する労働者の方などはチェックして欲しいと思います。

メリット4.ヘルメットシールをプレゼント


SUSC ドローンスクールセキド新潟上越公式サイト「ヘルメットシール」の画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」

SUSC 無人航空機操縦士を合格した方には、SUSCの講習を合格したことを提示する「ヘルメットシール(上記画像)」をもらうことができます。

仕事でドローンを操縦する際に被るヘルメットに貼るといいかもしれません。

メリット5.技能認定カードが発行される


SUSC ドローンスクールセキド新潟上越公式サイト「技能認定カードサンプル」の画像

出展元:「SUSC ドローンスクールセキド新潟上越より」

SUSC 無人航空機操縦士を合格した方は、「認定証」と「顔写真入りの技能認定カード」が発行され、合格者であることを証明できます。

技能認定カードについて
有効期限 発行より3年間
発行手数料 10,000円(税抜)

※参考資料:技能認定カードについて

3.受講条件


SUSC 無人航空機操縦士を受講する際、いきなり1級を受けることができません

級毎に「受講条件」があるので、必ず確認して受講して欲しいと思います。

以下で、SUSC 無人航空機操縦士の受講条件をご紹介します

SUSC 無人航空機操縦士の受講条件
各級毎 受講条件
1級
SUSC 無人航空機操縦士2級を保有し、総飛行時間が50時間以上の方
2級
どなたでもご参加いただけます(18歳以上)
※完全初心者の方は受講前に初心者の方向けの1日セミナーをお勧めしております。
SUSC 操縦士育成セミナー(1日セミナー)の詳細はこちら
3級
初心者の方から上級者まで、どなたでもご参加いただけます(16歳以上)
2級昇級コース
  • 下記いずれかの資格をお持ちの方限定のコースとなります。
    SUSC 無人航空機操縦士3級
  • DJI スペシャリスト
  • DJIインストラクター
  • JUIDA認定 操縦技能証明
  • DPA ドローン操縦士 回転翼
  • その他、国交省HPに掲載されている講習の合格証取得者
共通受講条件
視力:両眼で0.7以上(視力矯正可)
聴力:日常会話や無人航空機の動作音が認識できる事
色彩識別:無人航空機の灯火の色(赤・青・黄)が識別できる事
その他:無人航空機の運用に支障がでる身体的障害がない事

※参考資料:SUSC 無人航空機操縦士の受講条件

4.受講費用と受講日数


SUSC 無人航空機操縦士の「受講費用」と「受講日数」は以下の通りです。

SUSC 無人航空機操縦士の「受講費用」と「受講日数」
受講費用(税抜) 受講日数
1級 100,000円 4日間
2級 155,000円 4日間
3級 125,000円 3日間
2級昇級コース 80,000円 2日間

※参考資料:SUSC 無人航空機操縦士の「受講費用」と「受講日数」

5.各階級のプログラム内容


SUSC 無人航空機操縦士は各階級によって「プログラムの内容」が異なります。

無人航空機操縦士1級コースは、2級コースの開催に合わせて「座学講習」や「技能試験」に立会い、今後の講師として実践的に学びます。

以下で、SUSC 無人航空機操縦士各階級のプログラムをご紹介します

SUSC 無人航空機操縦士各階級のプログラム
講習/試験 プログラム 1級 2級 3級 2級昇級
講習
座学
  • 安全基準
  • 禁止事項
  • 電波及び気象
  • 法令
  • 飛行運用ルール
  • DJI製品について
(立)
  •  DJI GS Pro 使用方法
(立)
  •  講習実施訓練
実技
  • 機体コンディションチェック
  • 安全確認
  • GPSなどに頼らない操縦技能
  • 遠視力
  • 左右スティックを組み合わせた動き
(立)
試験

座学
  • 座学講習及びテキストから出題
  • 一般教養
  • 適性検査
  • 面接
技能
  1. 機体コンディションチェック
  2. 離陸
  3. ホバリング
  4. 右または左のホバリング
  5. 対面ホバリング
  6. 遠方の指定された地点へ安全に着陸
  7. 対面で離陸地点へ戻ってくる
  8. 8の字旋回
  9. ノーズインサークル
  10. 着陸
(立)

※参考資料:SUSC 無人航空機操縦士各階級のプログラム

6.認定証・カード発行までの流れ(全階級共通)


SUSC 無人航空機操縦士の試験合格者には、「認定証」と「顔写真入りの技能認定カード」が発行され、合格者であることが証明されます。

しかし、中には「認定証が発行されてから、カード発行まではどのような流れなの?」と不安に思う方がいると思います。

以下で、「合否通知」から「認定証カード発行」までの一連の流れをご紹介します

認定証・カード発行までの流れ(全階級共通)
STEP.1 合否通知
  • SUSC事務局より、受験後 1週間前後で結果をご連絡させていただきます。
    ※認定書の発行は、合格通知と同時ではありません。
STEP.2 発行費振込み
  • 試験に合格された方は、案内にしたがって認定費用のお振込みをお願いいたします。
STEP.3 認定番号通達
  • 発行費の振込みが確認された後、SUSC事務局より認定番号が通達されます。
  • この通達をもって正式認定となります。
STEP.4 認定証カードの発行
  • 後日、認定証とカードが発行されます。
  • 月末締めの翌月20日ごろの発行となります。
  • 認定書発行にはお時間が掛かる場合があります。予めご了承ください。

※参考資料:認定証・カード発行までの流れ(全階級共通)

ここまで「SUSC無人航空機操縦士」の詳細を記載しましたが、「SUSC無人航空機操縦士を受けたい!」と思った方は、以下の「お問い合わせフォームはこちらから」より「お客様区分」「お問い合わせ区分」など必要事項を記入の上、受講申請していただければと思います。

お問い合わせフォームはこちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。