【実践力を習得!】JUIDA認定「日本ドローンアカデミー」を紹介

ドローンに興味を持ち始めた人の中には「独学で知識と技術を習得する!」という方法を取る人がいると思います。

しかし、ドローンには「法律の知識」「安全に運航する知識」など様々なこと勉強しなくてはなりません。

そこで圧倒的な「授業時間」「飛行時間」で実践力を身に付けることができる「日本ドローンアカデミー」が注目されています。

本記事では、実践力を習得できるJUIDA認定の「日本ドローンアカデミー」をご紹介します

日本ドローンアカデミーについて紹介!

日本ドローンアカデミー公式サイトの画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

日本ドローンアカデミーは、圧倒的な「授業時間」と「飛行時間」でドローンに関する「知識・技能」「実践力」を身に付けるというコンセプトのもと活動しているドローンスクールです。

そんな日本ドローンアカデミーは、「ドローン操縦士+安全運航管理者コース」「安全運航管理者コース」2種類の受講コースを用意しています。

・ドローン操縦士+安全運航管理者コース
ドローンなどのの無人航空機を安全に飛行できるような「知識・操作技術」を身に付けることができます。

また運行に関わる「法律の知識」「飛行業務の安全管理の知識」を学ぶことができます。

本コースを受講することで、JUIDA「操縦技能証明書」および JUIDA「安全運航管理者証明証」が交付されます。

ドローン操縦士+安全運航管理者コース詳細
講習名 講習内容 1コマ60分
操縦士・座学講習 無人航空機UAS概論 歴史・機種・飛行原理など 1コマ
関連法規・安全ガイドライン 航空法はじめ各種法律と安全ガイドライン 1コマ
自然科学 気象・電磁波 1コマ
技術 機体の構造・制御技術・GPS・通信 1コマ
安全運用 安全対策・点検・整備など 2コマ
操縦士・実習 屋内実習 GPSなしでの飛行実習 2日間
屋外実習 GPS援用での手動操縦と自動航行 1日間
安全運航管理・座学講習 安全の定義 機体の安全、操縦の安全、運用体制の安全 45分
航空の安全3原則 改正航空法の安全の考え方 45分
改正航空法に見る社会が

許容するリスクレベル

飛行禁止空域、飛行の方法など 45分
安全管理者とは? 安全管理者が必要な理由と航空法的な事情 45分
3原則の中のリスク

(ハザード)の把握・知識

要素技術・要素部品、気象、飛行原理由来などのリスクについて 45分
リスクに対する安全管理の手法 安全管理の仕組み、目的の明確化、目標設定など 45分
試験 【操縦士】筆記+実技

【安全運航管理者】筆記

※座学での教科書はJUIDAの提供する教材を使用します。
※試験に合格し交付条件を満たしたものが、JUIDA証明証の申請を行えるものとします
※参考資料:日本ドローンアカデミー公式サイト

また日本ドローンアカデミーに「受講の申し込み」ができるので以下に詳細をまとめます。

ドローン操縦士+安全運航管理者コース受講について
受講料 270,000円(税別)
申し込み ドローン操縦士+安全運航管理者コース受講申し込み:こちらから

※受講料に含まれるもの:教科書、自宅練習用ミニドローン、筆記・実技試験料
※実技講習用のドローンは全てこちらで用意いたしますので、購入やレンタルの必要はありません。
※JUIDA証明書の申請手数料は受講料に含まれません。
【操縦技能証明証】交付申請手数料:20,000円(税別)
【安全運航管理者証明証】交付申請手数料:15,000円(税別)

・安全運航管理者コース
操縦技能コース修了者は、「安全運航管理者コース」を受講することで、無人航空機の運航に関わる「安全と法律の知識」を学ぶことができ、さらに「飛行業務の安全を管理する知識」について学ぶことができます。

本コースを受講することで、JUIDA「安全運航管理者証明書」が交付されます。

※「JUIDA操縦技能証明証」を取得された方が各コースの「安全管理者講習日」に受講できます。

(「JUIDA操縦技能証明証」をお持ちしてない方は「安全運航管理者コース」のみを受講することはできません)

安全運航管理者コース詳細
講習名 講習内容 1コマ60分
座学 安全の定義 機体の安全、操縦の安全、運用体制の安全 45分
航空の安全3原則 改正航空法の安全の考え方 45分

45分

改正航空法に見る社会が

許容するリスクレベル

飛行禁止空域、飛行の方法など 45分
安全管理者とは? 安全管理者が必要な理由と航空法的な事情 45分
3原則の中のリスク

(ハザード)の把握・知識

要素技術・要素部品、気象、飛行原理由来などの リスクについて・点検・整備など 45分
リスクに対する安全管理の手法 安全管理の仕組み、目的の明確化、目標設定など 45分

※座学での教科書はJUIDAの提供する教材を使用します。
※試験に合格し交付条件を満たしたものが、JUIDA証明証の申請を行えるものとします。
※本コースはJUIDA認定校の操縦士コースの修了者が受講することができます。
※本スクール以外の修了者も受講可能です。
※参考資料:日本ドローンアカデミー公式サイト

また日本ドローンアカデミーに「受講の申し込み」ができるので以下に詳細をまとめます。

安全運航管理者コース受講について
受講料 30,000円(税別)
申し込み 安全運航管理者コース申し込み:こちらから

※受講料に含まれるもの:教科書、筆記試験料
※JUIDA証明書の申請手数料は受講料に含まれません。
【安全運航管理者証明証】交付申請手数料:15,000円(税別)

日本ドローンアカデミーは多くの人から選ばれています。

なぜたくさんあるドローンスクールの中から選ばれるかというと、ドローンスクール自体に魅力的な3つの特徴があるからです。

以下で、数あるドローンスクールの中でも日本ドローンアカデミー多くの人に選ばれる理由を解説します

1.現役ドローンパイロットの直接指導による「飛行実習18時間」
2.現場対応で役に立つ「安全運行管理」
3.パイロット派遣会社と提携

1.現役ドローンパイロットの直接指導による「飛行実習18時間」


日本ドローンアカデミー公式サイト「ドローンスクール時間」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

日本ドローンアカデミーでは、安心・安全な飛行ができる「知識・技術」を習得することはもちろんのこと、空撮における様々なノウハウを「現役のドローンパイロット」からの直接指導を受けることができます。

プロのドローンパイロットから指導を受けることができ、「現場目線」でドローンの操縦を学ぶことができる「操縦者養成スクール」です。

2.現場対応で役に立つ「安全運行管理」


日本ドローンアカデミー公式サイト「安全渡航管理」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

ドローンのをつかった現場対応に必要と言われているのが「安全運行管理」です。

そこで日本ドローンアカデミーでは、ドローンのなどの無人航空機に関わる十分な「法律の知識」「安全を管理する知識」を学ぶことで、「JUIDA安全運行管理者」のライセンスを取得することができます。

2017年11月時点で、全国2795名が取得しています。

3.パイロット派遣会社と提携


日本ドローンアカデミー公式サイト「パイロット派遣会社と提携」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

日本ドローンアカデミーは、ドローンパイロット派遣会社である「Drone Pilot Agency」と提携し、修了生が「ドローン業務で使えるスキル」を伸ばしていくためのサポートをしています。

また日本ドローンアカデミーを卒業した卒業生向けに「卒業後の業務支援」を行っています。

【卒業者に向けた特典】
・提携人材派遣会社
・卒業生がお得になる「ドローン購入サポート」
・ドローン操作技能の証明サポート

日本ドローンアカデミーで身に付けた「ドローン技術を生かす場」「技術の向上を目指せる場」を提供してくれます。

日本ドローンアカデミーには、「公式Facebookアカウント」があります。

ここでは、「ドローンスクールの開校日・説明」「野外実習風景」などを見ることができます。

各県の日本ドローンアカデミー活動内容を紹介

日本ドローンアカデミー公式サイト「ドローンスクールがある場所」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

日本ドローンアカデミーは、「東京校」を本校にし他にも「札幌校」「名古屋校」「大阪校」と北から南まで各地にドローンスクールがあります。

各校のドローンスクール「開校日」や「学校説明会予定日」などは公式サイトから閲覧可能です。

北海道でドローンを習得!JUIDA認定の「日本ドローンアカデミー札幌校」

日本ドローンアカデミーは、4都道府県に存在しその一つが「日本ドローンアカデミー札幌校」です。

ドローンスクールの場所が北海道ということもあり、「北海道」を始め「青森」「岩手」など東北地方からのアクセスも可能です。

以下で、日本ドローンアカデミー札幌校のご紹介をします

1.スクール紹介
2.講師紹介
3.授業風景
4.取得できる資格紹介

1.スクール紹介



日本ドローンアカデミー札幌校には、「座学講習会場」「屋外演習会場」の2つの会場があります。

・座学講習会場

日本ドローンアカデミー札幌校公式サイト「座学講習会場」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

座学講習会場について
場所 ノースジニアスミーティングルーム
住所 札幌市豊平区平岸3条5丁目4-22平岸グランドビル新館5F
概要1 座学の会場は、「ノースジニアス」のミーティングルームを利用しています。
概要2 駐車場は「無料」で利用できます。

・屋外演習会場

日本ドローンアカデミー札幌校公式サイト「屋外演習会場」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

屋外演習会場について
場所 フッチスポーツパーク PIVO
住所 北海道札幌市白石区北郷3条7丁目7-1
概要1 ドローン操縦実習に使用する会場は、フッチスポーツパーク PIVOの「フットサルコート」を予定しています。
概要2 「無料駐車場完備」なので車で来る人も問題ありません。

2.講師紹介



日本ドローンアカデミー札幌校には、豊富な「ドローン飛行経験」「オペレーション」など数々の経験をしてきた実績のあるプロの講師が在籍します。

・ドローンアカデミー札幌校校長「筒井 一也」さん
JUIDA認定の講師で「エアリアルジャパンの株式会社の代表」「ドローンアカデミー札幌校の校長」をしています。

企業からの依頼を始め、「スポーツ団体」「著名な個人」など様々な動画作品を「監修・制作」している実績があります。

・D-REX (無人航空機災害時支援協力事業体) 代表「山崎 英紀」
D-REX (無人航空機災害時支援協力事業体) 代表で、報道カメラマンの世界で空撮オペレーションを行っています。

飛行経験が豊富で若手カメラマンの指導も行い、ドローン業界で幅広い人脈があります。

3.授業風景


日本ドローンアカデミー札幌校公式サイト「ドローンスクールの様子」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

日本ドローンアカデミー札幌校の授業風景が公式サイトに掲載されています。

日本ドローンアカデミー札幌校では、「ドローンに関する法律の知識」「ドローン実技経験」を習得することができます。

4.取得できる資格紹介


日本ドローンアカデミー札幌校公式サイト「取得できる資格」の画像

出展元:「日本ドローンアカデミーより」

日本ドローンアカデミー札幌校では、「ドローン操縦士 修了者(無人航空機操縦技能証明証)」「安全運航管理者 修了者(無人航空機安全運航管理者証明証)」の2つの資格を取得することができます。

・ドローン操縦士 修了者
ドローンなどの無人飛行機を安全に飛行させるための「知識・操縦技能」を有することを証明します。

・安全運航管理者 修了者
ドローンなどの無人航空機の運行に関わる十分な「安全と法律」の知識を有し、飛行業務の安全を「管理する者」であることを証明します。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。