NTT-AT、光配線切替ロボットの小型版「ROME mini」を販売開始


2020年7月21日、NTTアドバンステクノロジ(以下NTT-AT)は、2019年5月から国内独占販売を行っている米Wave2Wave Solution Corporation(以下Wave2Wave、本社:カリフォルニア州フリーモント)社製の光配線切替ロボット「ROME」(Robotic Optical Management Engine)シリーズのラインアップを拡充し、中小規模ネットワーク環境向け小型版装置「ROME mini」の販売を開始したことを発表した。

NTT-ATは、Wave2Waveおよび輸入商社の伯東との3社間で締結した、日本国内独占販売契約に基づきROMEシリーズを販売しているが、withコロナ時代においてリモートワークの重要性が高まる中、BCP(Business Continuity Plan)対策として「ROME mini」を市場投入し、リモートオペレーションの実現を支援する。

背景

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業活動においてもテレワークの普及等、移動頻度を極力抑制する業務形態が浸透してきた。第二波、第三波の影響が懸念される中、リモートワークの比重を高める動きが加速している。データセンターやネットワーク開発ラボなどのネットワーク環境における物理配線接続作業においても、遠隔作業を可能とする光配線切替ロボット「ROME」の注目度が高まっているという。

ROMEシリーズは、人手で行っていた装置間の光ケーブル配線切替をロボットが行うことで、リモートでの物理配線接続を可能とするとともに、配線作業の効率化、ヒューマンエラーの回避、セキュリティ性の向上、配線管理の省力化を実現する。

「ROME mini」概要

「ROME mini」は、中小規模ネットワーク環境向けに、小型化、コンパクト化、軽量化、低価格化を実現した製品であり、96芯×96芯のクロスコネクト容量を有している。

配線接続を行う本体部、光の入出力を行うパッチパネル部、および制御機能部(LCU:Logical Control Unit)を一体化したコンパクトな構造で、ROMEシリーズ主力製品である「ROME500」に対して約1/3のサイズで、より効率的なスペース活用が可能となる。「ROME mini」を活用することにより、ネットワーク規模に応じたROMEシリーズ製品の使い分けが可能になり、より多様なシーンでのオペレーション効率化を実現する。

ROME mini スペック

項目 仕様
サイズ 筐体サイズ 482(W)×311(H)×508(D)mm
搭載時奥行 508mm
重量 36kg
電源 電源種類 DC+DC
LCU入力 -48Vdc;8A
消費電力 50W(スタンバイ時)、150W(スイッチング動作時)
ポート数 East:96ポート、West:96ポート LC UPC Duplex
スイッチング時間 15sec(Typical)
ファイバー Single Mode SMF-28e、 Multi-Mode OM4
光損失量 挿入損失:
最大1.0dB(パッチパネル―パッチパネル間)
最大0.5dB(ROME mini単体)
反射減衰量 Single Mode:-50dB
Multi-Mode : -25dB
必要ラックサイズ Main Chassis:19インチ、7U
MGMTインタフェース RJ45(100BASE-TX)、DB9(Console)

販売開始時期
2020年7月
販売価格
所有する機器の数量や設置状態などに合わせて最適な提案を行う。提案価格はその都度見積り。

ROME Mini(Fiber Smart Networks)

今後の展開

NTT-ATは、より顧客に使いやすい製品とするため、同社が開発・提供するRPAツール「WinActor」との連携等によりユーザビリティを向上し、業務のさらなる効率化に貢献することでROMEシリーズの魅力を高めていく、としている。

Wave2Wave Solution Corporationについて

Wave2Waveは、データセンターのケーブル配線を中心に、2003年にシリコンバレーに設立され、ロボット光スイッチプラットフォームとしてのROMEシリーズ製品を2016年2月にリリースした。「ROME」はコネクティビティオートメーションを可能とし、世界中のデータセンターおよび技術研究所に出荷されている。

伯東株式会社について

1953年創業の伯東は、主に半導体や機器の輸入を手がける技術商社である。IoTの先端技術を用い、スマートシティの実現に向けた半導体素子、光デバイス、組込みモジュールを事業基盤としたソリューションを提供している。

NTTアドバンステクノロジ株式会社について

NTT-ATは、1976年の創立以来、NTTグループの技術的中核企業として、NTT研究所のネットワーク技術、メディア処理技術、日本語処理技術、環境技術、光デバイス、ナノデバイス技術などのほか、国内国外の先端技術を広く取り入れ、それらを融合して顧客の課題解決に取り組んでいる。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。