NTTドコモ・ベンチャーズがAIによる自律飛行型ドローンを開発するSkydioへ出資

2020年7月14日、NTTドコモ・ベンチャーズ(以下NDV)は、同社が運用するファンドを通じて、自律飛行型ドローンを開発・販売するSkydio(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)に出資を行ったことを発表した。

Skydioのドローン「Skydio 2」


ドローンはコンシューマ向けの普及に加え、近年では法人向けにおいても点検・農業・空撮および物流などの分野で利用され始めており、今後も様々な産業でさらなる活用が期待されている。一方で、ドローンの操縦においては機体を正しく飛行させる技術の習熟や訓練期間が必要であり、こうした負担を軽減する技術的解決策が求められていた。

Skydioは、10年以上にわたる自律飛行に関する取り組みをもとに、機体に搭載した複数の専用カメラで周囲を把握しつつAIで自律飛行するドローンおよびアプリケーションを開発・販売している。本機能により、指定した人物や専用ビーコンを自動追尾・撮影するほか、手動操作時においても障害物を認識し、衝突の360°自動回避を実現している。また、この空間認識技術により、GPSが使えない屋内等の環境においても安全な飛行が可能となる。

Skydioの自律飛行・衝突回避技術は今後ドローンのさらなる利用拡大を進めていく上で重要な要素になると期待していることから、今回の出資に至ったという。本出資によってNDVはSkydioのビジネスを支援していくとともに、ドコモと連携しながら様々な産業におけるドローンの活用推進に向けた取り組みを進めていく、としている。

Skydioについて

会社名  :Skydio, Inc.
所在地  :アメリカ合衆国 カリフォルニア州レッドウッドシティ
代表者  :Adam Bry
事業内容 :自律飛行型ドローンの開発・販売
URL https://www.skydio.com/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。