CFD販売が水中ドローン「FIFISH V6s」の法人向けレンタルサービスを提供

2020年7月22日、シー・エフ・デー販売(以下CFD販売)は、法人向け水中ドローンレンタルサービスの対象機種に、水中での作業性を高めた新モデル「FIFISH(ファイフィッシュ)V6s」を追加した。

CFD販売の水中ドローンレンタルサービス

CFD販売の水中ドローンレンタルサービスは、検査やイベント、試用など、顧客の目的・要望を聞き、同社スタッフがコーディネートするサービスである。

水中ドローンの取り扱いや操作に長けたスタッフの出張サービスも行っており、その際は無料の水中ドローン操作と水中ドローン基本知識のレクチャーサービスもある。

水中ドローン「FIFISH V6s」

「FIFISH V6s」は、水中での点検・作業に特化した産業用水中ドローンである。6つのスラスターで水中を360度自由に動き回れる高機動水中ドローンに、オリジナルのロボットアームを搭載し、水中での作業性をさらに高めている。

ロボットアームが水中で掴んだものは、10kgまで引き揚げることが可能。前モデルと比較してバッテリー容量が60%向上し、長時間の水中作業にも耐えることができる。

▼法人向け水中ドローンレンタルサービス
https://www.cfd.co.jp/biz/contact/rov_rental/

▼水中ドローン「FIFISH V6s」製品ページ
https://www.cfd.co.jp/product/rov/fifish_v6s/
▼水中ドローン FIFISH V6s 性能紹介

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。