• HOME
  • ブログ
  • Drone
  • ドローンの種類は大きく分けておもちゃ、空撮、産業用の3種類がある!

ドローンの種類は大きく分けておもちゃ、空撮、産業用の3種類がある!

  • ドローンの種類ってどんなものがあるんだろう?
  • 簡単に操作できるドローンってないかな?
  • 操作してみたい!

ドローンが話題になってから数年が経ち、製品ラインナップも充実しました。ドローンを操作してみたい方や、本格的な写真や動画を撮りたい方、ラジコン感覚で遊んでみたい方、仕事用に使い方など、それぞれの用途にあったドローンが販売されています。

そこでこの記事では、ドローンの種類がどれくらいあって、どんなドローンがあるのかを紹介します。

ドローンの種類は大きく分けて、トイドローン、空撮用ドローン、産業用ドローンの3種類があります。

 

トイドローンとは 200g以下のドローンでおもちゃドローンと呼ばれている

トイドローンとは 200g以下のドローンでおもちゃドローンと呼ばれている

トイドローンは200g未満のドローンで、おもちゃドローンとも呼ばれています。トイドローンは、子供からお年寄りまで誰でも操作が簡単なドローンで、初心者向けのドローンです。トイドローンは200g未満なので航空法の規制対象外。ドローンの飛行許可申請をしなくても、どこでも楽しめるという特徴があります。

トイドローンと言えば、操作性が悪く画質も悪いというのがデメリットだったんですけど、今のトイドローンは安価で操作性も良く画質が良いトイドローンが販売されています。オススメのトイドローンはTelloです。Telloは定価12,800円と安価で、スマホで簡単に操作出来て、少しの風でもビクつかなく、画質もトイドローンとは思えないほどキレイです。

【2020最新】トイドローンTelloは低価格で高性能!DJIの技術で安定飛行!

初心者の方は、トイドローンTelloからドローンデビューしてみましょう。

 

空撮用ドローン

空撮用ドローン

出展元:「Amazon公式HPより」

テレビなどでよく見る本格的なドローンです。トイドローンは1万円代と安価なんですが、本格的なドローンは10万円と高いです。トイドローンと性能の違いは、自動追尾など操作性も上がり、飛行性能も安定しスピードも出て、画質もキレイになります。

トイドローンは10分程度の飛行に対して、空撮用ドローンは30分ほど飛び続けられます。障害物を自動で回避するセンサー登載。自動機化機能、GPS、自動追跡機能と様々な機能が搭載されています。

空撮業務用のドローンは79万円と高額ドローンもあり、最高時速108kmを誇ります。

今では水中用のドローンもあります。

【在庫あり】FIFISH V6 6スラスター水中ドローン QYSEA社製(ファイフィッシュV6)_100M(SET)正規販売代理店 

 

産業用ドローン

産業用ドローン

出展元:「rchobby-jp公式HPより」

近年ドローンの性能は驚くほど上がっていて、仕事や業務など多岐にわたって大活躍しています。ドローンだとコストも安く、人が行くと危ない所でもドローンなら、スッと入っていけるので年々需要は増しています。

 

撮影業分野

ドローンと言えば空撮ですよね。テレビの放送を見ててもヘリコプターからの撮影ではなく、ドローンで撮影するのが当たり前になってきました。高所からの撮影でも、有人のヘリコプターを飛ばす必要がないのでコストを抑えられ、ダイナミックな撮影ができます。

高所からの撮影においても有人ヘリコプターを飛ばす必要がなくなり、ドローンでの撮影が可能になりました。

 

農業分野

日本では1980年代後半から無人ヘリコプターで農薬散布していました。ドローンは無人航空機なので、そういった意味では、昔から農業でドローンが活躍していたことになります。ヘリからドローンを使うことでコストが抑えられるメリットがあるのと、収穫物の運搬、リモートセンシング技術による農作物の状態のデータ管理も業務用ドローンで行うことができます。

人手不足、後継者不足が浮き彫りになってる日本の農業ですが、ドローンの影響で若い人が参入してくれるといいですね。

 

建設業分野

建設業界でもドローンは大活躍しています。主に測量や点検の目的でドローンが使われています。

  • 人が行けない高い場所や危険な場所の測量
  • 広い範囲の撮影が可能
  • ヘリコプターよりも接近できるので、高解像の写真が撮れる
  • 仕事の進み具合がわかりやすい
  • コスト削減、時短

今後さらにドローンの性能が上がれば、大幅な業務効率化が図れると言われています。

 

物流

積載量が大きい業務用ドローンなら荷物を運搬することが可能です。実用化すれば、道路の渋滞や道が悪いなどに左右されないので素早い配送ができます。山や海など遠隔地でも物が届きやすくなります。

家にいて、ピンポンがなったらドローンが商品を届けにくる時代がくるかもしれません。

 

インフラ点検

広大な土地やダムのような危険な場所でも、ドローンなら簡単には入れて点検が容易になります。目視で行う点検よりも短時間、コストを抑えられるなどのメリットがあります。

ダムの点検で、出られなくなった人もいるので、ドローンで点検ができればそういった事故も減ると思います。

 

救助

災害時に、人が入れない危険な場所でもドローンを使えば広範囲で現地の調査ができるし、サーモグラフィを搭載したドローンであれば、行方不明の人の捜索にも使えます。

山でおじいちゃんや、おばあちゃんがいなくなった時の捜索も楽になります。

 

まとめ

現在ドローンは大きく分けると3種類あります

  • 200g以下のトイドローン
  • 空撮用のドローン
  • 産業用のドローン

もっと細かく分けたらたくさんのドローンがあって、それぞれ色々な分野で活躍しています。

ドローンで爆弾テロ?ドローンで生物兵器がばら撒かれる恐怖

今後は家庭や、学校、会社にも当たり前にドローンがある時代になるかもしれません。荷物の受け取りもドローンが運んできたり、買い物もドローンで行けたり。

仕事でも生活でもドローンが必須になるかもしれないので、今の内からドローンのことを知っておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。