• HOME
  • ブログ
  • Drone
  • ドローンを飛ばせる目安は風速5メートル!風を甘く見てはいけません

ドローンを飛ばせる目安は風速5メートル!風を甘く見てはいけません

ドローンによって引き起こされる事故の原因で最も多いのは、実は、天候不良によるものだそうです。

そのため、フライトの際には必ず風速と雨についてはチェックしておかなければなりません。

防水ドローンでもない限り、雨はドローンのタ大敵です。そして、突風は一瞬でドローンをどこか遠くへ運んでいってしまいます。

風速計は必需品です

ドローンは常に空中に浮かんでいます。

そのため、風はドローンの飛行を妨げる重大な要素の1つです。

もし強風の中でフライトを強行してしまうと、風にあおられて最悪の場合そのまま墜落してしまう可能性があります。

パイロットは常に風を意識して操縦を行わなければなりません。意識するといっても、漠然と風が吹いているかどうか等で判断してはいけません。しっかりと風についての知識を蓄えて詳しくなりましょう。

ドローンが耐えることができる風速は、機種によっても異なります。仕組みは単純で、機体が重ければ重いほど強風に耐えることができるということです。

ですが、いくら重いといえども強風時にはしっかりと対策をする必要があります。

そして、最も厄介なのが地上と上空では風速が全く違う可能性があると言うことです。

私たち人間は常に地上にいます。地上で吹いている風がどれだけささやかなものでも、上空では突風が吹き荒れている事はよくあることです。

ドローンを操縦する際は風の変化に常に敏感でいなければなりません。

風について知る事は、ドローンの操縦技術の1つといっても過言ではありません。

ドローンを飛ばせる風速の目安

ドローンを飛ばせる風速の目安は、一般的に5メートルが限度と言われています。

風速5メートルと言うのは時速に直すと18キロ。自転車で懸命に書くほどのスピードです。

ドローンを安全に飛行させるためにも、まずは風速5メートルと言うものがどれくらいの数値なのかを肌感覚でわかるようになることが大切です。

風の強さを図るには、周囲をよく観察することが重要ですね。

風速の目安

風速 目安
0~0.2m/s 静穏。煙はまっすぐに昇る。
0.3~1.5m/s 風向きは煙がなびくのでわかるが、風見には感じない。
1.6~3.3m/s 顔に風を感じる。木の葉が動く。風見も動き出す。
3.4~5.4m/s 木の葉や細かい小枝がたえず動く。軽く旗が開く。
5.5~7.9m/s 砂埃がたち、紙片が舞い上がる。小枝が動く。
8.0~10.7m/s 葉のある灌木がゆれはじめる。池や沼の水面に波頭がたつ。
10.8~13.8m/s 大枝が動く。電線が鳴る。傘はさしにくい。
ビューフォート風力階級表より

風速5メートルと言うのは、この速細かい小枝がゆらゆらと動き端が軽くなびく程度です。

この程度だと地表にいる私たちにとってはむしろ心地よい風と思えるかもしれません。

しかし、このような状況では決してドローンを飛ばしてはいけません。

風が止むのを待って余計なリスクを回避しましょう。

ドローン飛行中に強風に流されそうになったら

ドローンを飛行中に強風に流されそうになった場合、地上では風が弱くても上空では強風の可能性があると言うのはおかしな話ではありません。

もし、ドローンが強風圏内に入ってしまうとアプリがアラートを発信してくれるドローンも存在します。もちろん、あくまでも警報であるためそれを無視して飛行させ続けることも可能ですが、それはあまりお勧めしません。なるべく速やかに着陸させたほうが得策です。

そもそも、風が強くなるとドローンは自動的に着陸しようとします。もし無理な飛行を続けて突然ドローンが着陸しようとした場合、その先にドローンが着陸できる場所があるかどうかは分かりません。ドローンを失ってしまう可能性もあるので、しっかりと対策を行いましょう。

また、ドローンが自動着陸した先に人やものがあれば損害を与えてしまう可能性だってあります。

そうなった場合、多額の損害賠償が発生することも十分に考えられますので、風の影響を軽んじてはいけません。

ドローンの機体の重さ

ドローンがどれくらい風に耐性があるかどうかは、その機体の重さに寄ります。

ドローンの耐風性能は重さと比例すると考えても良いでしょう。軽ければ軽いほど風に流されやすく、重ければ重いほど出力が強いため風に流されにくいのです。

ならば重いドローンの方が風を気にせずにフライトできるのかと言うと、それはそれで問題があります。

とても単純なのですが、重いドローンの方が墜落した際の衝撃が強くなります。重いドローンが墜落すれば、機体は再起不能になるほど木っ端微塵になりますし、人やものにぶつかった場合は大変な事態になってしまいます。

反対に、トイドローンなどと呼ばれる200グラム以下のドローンは、航空法の規制を受けないためとても使いやすいです。

ちょっとだけドローンで空撮したい場合などは1台持っておくと便利ですね。

しかし、200グラム以下のドローンは風に弱いと言う性質を持っています。GPSも搭載していない機種がほとんどなので、特にトイドローンを操縦する際には風に注意が必要です。

風が風速計で5mを越したら飛ばさない

風の影響を受けるのは5メートルと再三言ってきましたが、実際、ドローンの実力を持ってすればそれ以上の風でも飛ぶこと自体は可能です。

しかし、風は地形や高度によっても様々な形に変化しています。

例えば、建物の近くなどでは上空に強い風が吹いていても気づくことは難しい。さらに、建物と建物の間から局所的に突風が吹いていると言うこともあり、突風にあおられてドローンを見失ってしまったら一環の終わりです。

バッテリーの限界は近くなりますので、地上で5メートルを超えたら飛ばさないと決めておくことをおすすめします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。