• HOME
  • ブログ
  • Drone
  • ドローン業界に大きな衝撃を与えた物流システム『4D GRAVITY』について

ドローン業界に大きな衝撃を与えた物流システム『4D GRAVITY』について

ドローンを飛ばす際に最も気を付けなければならにことななにでしょうか。

それは、風です。ドローンの最大の弱点は『風』と言っても過言ではありません。

風が強い場所では、たとえドローンのGPS機能がオンになっていても、ドローンの機体自体がグラグラと揺れ、流されてしまいます。

風の強い日はドローンは飛ばてはいけないというのが、今までの当たり前でした。

しかし、そんな常識を覆すような、画期的なシステムが開発されようとしています。

風に対抗するドローン向け重心制御システムを開発するのは、国内スタートアップのエアロネクストです。

風に負けないという最新技術『4D GRAVITY』

ドローンの最大の敵である風に対抗するために、今、新たな技術が開発されようとしています。

これは、ドローン向け重心制御技術『4D GRAVITY』です。この『4D GRAVITY』が今、日本だけでなく世界中から注目を浴びています。

この技術を搭載したドローンは、なんとどんぶりに入ったラーメンの汁までこぼさず運ぶことができるほどの安定性を持つと言われています。

通常であれば、ドローンはプロペラやモーターといった飛行部と、カメラや宅配物などの搭載部が一体化しています。

しかし、この『4D GRAVITY』はドローンの中心にある長い縦棒を軸とした「貫通ジンバル構造」という特殊な構造を有しており、これによって飛行部と搭載部を接続。この貫通ジンバルを使うことによって、ドローンの飛行姿勢や、動作に応じた重心位置を最適化させることで、方向転換などの操作、風などの外的要因があってもブレのないドローン飛行を可能にしました。

さらに、ジンバルの搭載することによってモーターの消費電力量も削減することができ、飛行継続時間やモーターの耐用年数も大幅に向上するといいます。

家電見本市の「CEATEC JAPAN」でも、このシステムは非常に高い評価を得ており、中国の大手産業ドローンメーカーMMCとも提携を果たしています。

人が乗れるドローン『Next MOBILITY』も発表

エアロネクストは、昨年10月になんと人を乗せることができるドローン「Next MOBILITY」を発表しました。

「Next MOBILITY」は、通常のドローンのように、内部の操縦士なしで飛行します。

「Next MOBILITY」のコンセプトは、「空飛ぶゴンドラ」。

先述した『4D GRAVITY』の技術を応用することによって、キャビンと翼やプロペラといったボディを独立させています。飛行時にはボディのみを傾斜させるため、常に客室を地面に対して水平に保つことが可能という仕組みとなっています。

その姿はまるで遊園地の観覧車。

『人を乗せるドローン』と聞いて、ワクワクしない人はいないと思います。

まるでSF映画のような空飛ぶクルマをイメージすることができますね。世界中のスタートアップが空飛ぶクルマの開発に勤しんでいますが、実現するにはまだまだ時間がかかると言われています。

「Next MOBILITY」は、今はまだ観覧車のような形ですが、いずれは自由に空を飛ぶドローンでの飛行に親しんでもらいたいという想いが込められているといいます。非常に夢がありますね。

ドローンのこれまでの常識を覆す画期的な発明

これまで、ドローンというものは飛行部と搭載部が一体化した『空飛ぶカメラ』という認識を持たれていました。

しかし、エアロネクストのドローンは『4D GRAVITY』という技術を開発したことによって自律的・安定的に稼働する『空飛ぶ万能ロボット』であるといえます。

空飛ぶロボットとり、基本性能が高まれば既存の役割をより高度にこなせます。また、橋梁やインフラ点検、ドローン配送といった産業利用にあたっては、水平状態をキープしたまま、より安定的な飛行を可能にします。

VRの技術と融合することで360度VR撮影も、『4D GRAVITY』なら可能に。角度のズレが一切無い状態でリアルタイム映像配信ができるので、被災地での被災状況確認や遭難者の発見といった災害時の活躍が期待されています。『4D GRAVITY』を搭載した産業用のドローン機体は2020年に一般発売を予定しているとのことです。

あらゆる機体への標準搭載を目指します。

『4D GRAVITY』を搭載したVAIO株式会社の量産型産業ドローン

エアロネクストは、今後の事業を国内のみに留まらず、一大ドローン市場を保有している中国へと目を向けているそうです。

「中国のシリコンバレー」と呼ばれる深センに多数の人材を輩出している南方科技大学との提携に加え、中国の大手産業ドローンメーカーであるMMCとの戦略的提携も発表。

中国は、ドローンの社会実装のスピードが圧倒的に速く、日本とは大きな違いがあります。

ドローン企業にとって、中国への進出を進めることは非常に大きなビジネスチャンスであり、これからは中国を起点として世界的に大きなインパクトのあるドローンを生み出していきたいと意気込んでいるようです。

世界的に見ても、ドローンの実装化が急速に進んでいっています。そんな中で、エアロネクストはドローンの機体販売メーカーではなく、あらゆるドローンのハードウェアにおける標準的なプラットフォームを担う存在を目指していくとのこと。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。