• HOME
  • ブログ
  • Drone
  • DJI製ドローンの修理には!?「DJIアフターサービスセンター」なら完ぺきな対応をしてくれる

DJI製ドローンの修理には!?「DJIアフターサービスセンター」なら完ぺきな対応をしてくれる

ドローンに限ったことではなく、機械であればどんな商品でも何かしらの故障やアクシデントはつきものですよね。

ごくまれに、そういった症状が出た際に自分で解決しようとして機体をいじってみたりする人がいるかもしれませんが、それは絶対にやってはいけません。真っ先に修理することを考えましょう。

修理しても直らないというのはめったなことでは起こりません。大概は修理すれば治りますし、点検として専門家にチェックしてもらえるという安心感もあります。

でも、そんなときに往々としてあるのが、「どこで修理をすればいいのかわからない」「ホームページを探しても修理を受け付けている場所がどこにあるのかわからない」などという悩みです。

ドローンメーカーによってそれぞれ対応は違いますが、この記事では日本でも有数のドローンメーカーのひとつとして数えられるDJIの修理方法について解説していきます。少々ピンポイントでコアな説明になりますが、DJIのドローンを持っている人はぜひ参考にしてみてください。

「DJIアフターサービスセンター」のメリット・デメリットは?

まず、DJIの情報について解説していきましょう。

DJIは、世界にグローバルに展開している中国の企業です。

ですが、「中国」と聞くだけで少し不安になってしまう人もいるのではないでしょうか?

いえいえ、ここはやはり世界で通用している企業です。サービスセンターは案外しっかりとしていますので、安心して相談してみましょう。

メリット一覧

まずは、「DJIアフターサービスセンター」で修理を依頼するメリットについてお話しします。

  • 点検費用が他と比べてとても安い

ドローンは、あなたが思っている以上に精密な機械です。

修理するとなると、故障の原因を探すためにいちから点検を行います。当然のことながら、そういった緻密な点検には点検費用がかかります。

この点検費用は相場はさまざまですが、「DJIアフターサービスセンター」では基本的に1万円ほどで済みます。

ほかのドローン販売店に依頼をすると、大概1万5000円から2万円ほどするようです。

たかが5000円、たかが1万円とは思わずに、修理の際もきっちりと費用を比較検討することをおすすめします。

  • 二度手間になることがない

たとえば、ドローンが故障したといって購入した販売店に修理を依頼するとします。

あまり知られていないのですが、販売店では簡単なチェックをすることはできても、基本的には修理を行うことはできません。

そのため、きちんとした修理が必要だと判断されれば、販売店からDJIに修理を再委託するというフローが存在します。

もちろん、ごく簡単な故障であれば販売店でも対応可能なんですが、基本的には二度手間になってしまうということを覚えておいてください。

  • 修理にかかる時間が非常に短い

再三申し上げている通り、ドローンは精密機械ですので、1日~2日で修理が完了するものではありません。

ドローンに限らず、精密機械を修理する場合には2週間から1ヵ月の期間は擁することが多いでしょう。

しかし、「DJIアフターサービスセンター」で修理を行った場合は、なんと1週間から2週間で手元に戻ってきます。

当然、混雑状況にもよりますが、それでも比較的納期が早いと考えておいても差し支えありません。

デメリット一覧

さて、ここまでメリットについてお話ししてきました。しかし、当然ながらデメリットも存在します。

  • 連絡手段がオンラインしかない

連絡方法は、オンラインでしか対応していません。

これは、中国企業ならではの問題なんですが、電話もファックスもなくオンラインでしか修理のやりとりを進めることができません。

つまり、メールでのやりとりを行わなければならないということです。

レスポンス自体は非常に早いのですが、電話でやりとりをしたほうが早いと考える人にとっては少々苦痛かもしれません。

「DJIアフターサービスセンター」に修理依頼をする手順は?

「DJIアフターサービスセンター」の画面

 

 

 

 

最後に、「DJIアフターサービスセンター」に修理を依頼する際の手順について記しておきます。

まずは、「DJIアフターサービスセンター」のWEBサイトからオンライン申込を行なってください。
URL: https://www.dji.com/jp/service/repair/centers

申込を行なってからは、たったの4ステップで修理が完了します。

  1. DJIアフターサービスセンターにオンライン修理申込をする
  2. 宅配便で故障している機体を送る
  3. 修理見積もりの金額の連絡が来て、料金を振込むと修理がスタートする
  4. 修理開始、そして返送

非常に簡単なので、DJI製のドローンを持っていて、「故障したかも……」とお悩みの人は、ぜひ躊躇することなく「DJIアフターサービスセンター」へと連絡してみてください。その対応の厚さに、感動すら覚えるかもしれません。

また、これからドローンを購入しようと考えている人にも、DJI製のドローンはおすすめだということができます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。