• HOME
  • ブログ
  • Drone
  • 【4Kカメラ初搭載!】水中ドローン「CCROV 水中ドローンCCROV_SP 75M」を紹介

【4Kカメラ初搭載!】水中ドローン「CCROV 水中ドローンCCROV_SP 75M」を紹介

水中ドローンはまだまだ世の中に浸透していません。

水中ドローンは海の中をただ撮影するという用途だけでなく、「人間が行きにくい船の裏側」や「水難事故が起こった場合の救助」など、その用途は無限大です。

VxFly社が販売している「CCROV_SP 75M」は「コンパクトで高性能・高品質」なので点検などの仕事の分野で多く活躍しています。

本記事では、そんな活躍の幅を広げている水中ドローン「CCROV_SP 75M」をご紹介します

VxFlyについて紹介!

VxFly公式サイトの画像

出展元:「VxFlyより」

会社概要
会社名 深センVxFlyインテリジェント情報テクノロジー株式会社
事業内容 ・ドローン、ロボット画像伝送ソリューションの提供
・無人システム機器プロバイダー
実績 業界で先進的な「HD画像転送システム」の研究に成功しています

VxFly社は2016年に、無人ロボットの分野でトップレベルの機能と性能を誇る水中ドローン「CCROV」を発売しました。

またVxFlyが販売している水中ドローンなどの製品は「アフターサービス」が充実しています。

以下で、VxFly社が行っているアフターサービスをご紹介します

1.保証期間
2.アフターサービスの受け方
3.アフターサービスを受ける前にすべきこと

1.保証期間
水中ドローンCCROVは「1年の保証期間」があります。

バッテリー」「ACモジュール」「リモコン」は半年の保証期間です。

水中ドローンなどの製品の保証期間は、製品を購入した日、またはVxFlyによって別途指定された日から始まります。

2.アフターサービスの受け方
保証期間中に製品の品質に問題がある場合は「VxFlyに連絡」してアフターサービスを受けることができます。

3.アフターサービスを受ける前にすべきこと
アフターサービスを受ける前に、次の手順を行う必要があります。

アフターサービスを受ける前に行う手順
手順1 水中ドローンなどの製品のSDカードに含まれている「データをバックアップ」します。
手順2 「追加部品」「改造」など保証対象外になるものを全て取り除く。
手順3 「製品または部品の所有者でない場合」は、VxFlyの所有者から承認サービスを受け取り「保証サービス」を提供。

VxFlyで販売されている製品を紹介

VxFly公式サイト「販売されている製品」の画像

出展元:「VxFlyより」

VxFlyでは、ダイビングアシスタンス用の「LESWIM S2シースクーター」「LESWIM S1の水中キックボード」などが販売されています。

また「各種スマートバッテリー充電器」なども販売しています。

VxFly公式サイトでは、水中ドローン「CCROV_SP 75M」の販売はありません。※2020年6月時点

購入したい場合は、「楽天市場」などで購入できます。

4Kカメラ初搭載!小型水中ドローンの「CCROV_SP 75M」

VxFly公式サイト「CCROV_SP 75M」の画像

出展元:「VxFlyより」

CCROV_SP 75Mは「4Kカメラを初めて搭載した水中ドローン」「水深120mまで潜水できる」などの特徴があり、注目されています。

以下で、CCROV_SP 75Mの仕様についてご紹介します

本体仕様
寸法 208(L)×204(W)×158(H)
重量
LED
5524g
4×350ルーメン
性能
前進速度 Max.1.0m/s
最大潜水深度 100m
カメラ 4K/30fps
VxFly公式サイト「主な特徴」の画像

出展元:「VxFlyより」

CCROV_SP 75Mはいくつかの特徴があります。以下で、CCROV_SP 75Mの特徴についてご紹介します

・快適でユーザーフレンドリーな操作
CCROV_SP 75Mは市場で最小の水中ドローンです。バックに入れて「どこへでも持ち運び」ができます。

また操作システムが非常に簡単で、「リモートコントロール」「APP(アプリ)」で簡単に操作できます。

・6スラスター
CCROV_SP 75Mは「6つのスラスター」が内蔵されているので、「自由自在な軽い動き」が可能になっています。

・4Kカメラ/720Pリアルタイム送信

CCROV_SP 75M「4Kカメラ・720Pリアルタイム送信」の画像

出展元:「VxFlyより」

CCROV_SP 75Mは、内蔵カメラとケーブルを介した720Pリアルタイム伝送が可能であることから、「4Kの動画撮影」ができます。

・100mの潜水が可能
CCROV_SP 75Mは、「IP68」の高度な防水機能が備えられているので「水深100mまでの潜水」が可能です。

・スマートTDS/ケーブルの収納が簡単
CCROV_SP 75Mは、特別な「テザー展開システム」があり、水中ドローンを片付ける際に「簡単かつ迅速に」ケーブルを収納できます。

またCCROV_SP 75Mは、多くの特徴を生かし「様々な分野で活用」されています。

VxFly公式サイト「様々な分野での活用」の画像

出展元:「VxFlyより」

以下で、CCROV_SP 75Mが主に活用されている分野を5つご紹介します

1.養殖
2.エンジニアリング点検
3.遭難と救助
4.船の点検
5.水中撮影

1.養殖

CCROV_SP 75M活用分野「養殖」の画像

出展元:「VxFlyより」

人間が魚や網の状態を管理するより、水中ドローンCCROV_SP 75Mを活用した方が、「時間やコストがかからない」「細かいところまで見れる」などの利点があります。

2.エンジニアリング点検

CCROV_SP 75M活用分野「エンジニアリング点検」の画像

出展元:「VxFlyより」

水中ドローンCCROV_SP 75Mの「4Kカメラ」「小さなサイズ」を生かし、ダムや水路などの「人間が入りずらい場所の点検」に活用されています。

3.遭難と救助
水中ドローンCCROV_SP 75Mに搭載されている「6つのスラスター」と「100mの潜水」を生かし、水中の「捜索」「救助」をすることができます。

4.船の点検
人間が船の点検をする場合、「人件費が掛かる」「時間が掛かる」「危険が伴う」などの大きなリスクを背負います。

しかし、水中ドローンCCROV_SP 75Mを使用すれば「水中ドローンを操縦する人が1人で充分」「事故などのリスクが少ない」などメリットがたくさんあります。

5.水中撮影

CCROV_SP 75M活用分野「水中撮影」の画像

出展元:「VxFlyより」

水中ドローンCCROV_SP 75Mは、水深100mまでのダイビングと4Kの高性能カメラが搭載されているので「神秘的な写真や映像が欲しい」「普段は見れない世界をカメラに収めたい」という人におすすめです。

水中ドローンCCROV_SP 75Mは「VxFly公式サイト」では販売していません。※2020年6月時点

公式サイトの販売はありませんが、「楽天市場」「ひかりTVショッピング」で購入できるのでご安心ください。以下で、楽天市場・ひかりTVショッピングで販売している水中ドローンCCROV_SP 75Mの概要をご紹介します

  楽天市場 ひかりTVショッピング
価格 441,466円 449,799(税込)
URL 楽天市場のリンク:こちらから ひかりTVショッピングのリンク:こちらから

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。