• HOME
  • ブログ
  • osmo
  • 【DJI カメラ】DJIのOSMOシリーズ、ジンバルが注目されるのは理由とは

【DJI カメラ】DJIのOSMOシリーズ、ジンバルが注目されるのは理由とは

ドローン業界で特に注目を集め始めているDJIはその手軽な価格設定によって数多くのファンを獲得しています。

ドローンだけではなく撮影機材としてのカメラやジンバルなど、手軽に周辺機器をそろえることのできる品揃えは利用する大きなメリットと言えるでしょう。

現在では世界のコマーシャルドローン市場70%を占めていると言われるDJI製品にはどんなものが用意されているのでしょうか。

今回はDJIの中でもカメラやジンバルといった撮影機材に注目してご紹介します。

DJIブランドOSMOシリーズとは?

DJI Osmoのトップ画像

出展:dji.com

DJI民生用ドローンおよびその関連機器製造会社として展開しており、電子部品やエレクトロニクスを事業とした企業です。

本部所在地 中華人民共和国
収益 180憶人民元(約2800億円)
事業内容 エレクトロニクス、電子部品
主なドローンモデル Phantomシリーズ、Mavicシリーズ

主なドローンシリーズとしてPhantomMavicを生産しており、その安定的な飛行ハイクオリティな映像に大きな話題性を独占したことは記憶に新しいです。

Phantom2シリーズで販売されたモデル『Phantom2 Vision+』では電子制御された3軸ジンバル付きのカメラが搭載されたことによって特に注目度を集めました。

これまでジンバルなしでは映像が揺れてしまい、メディア等プロ現場で使うには難しかった空中ドローンVision+ではその可能性を大きく広げることになりました。

また後継機として開発されたPhantom3では4Kでの撮影も可能とし、持ち運びやすさも相まって本格的に撮影機材として利用され始めました。

Phantomに搭載されているカメラジンバルの技術を利用したものDJIの販売するOSMOシリーズになります。

OSMOにはPhantomで搭載されていた4K/60fps動画撮影ジンバルによる安定性に加え、防水機能映像ブレ補正といった高性能でプロ仕様の機能が搭載されています。

また通常のカメラ型の他にもモバイル型のような手軽さ、持ち運びやすさを重視したものもあるため、自分の用途に合わせたカメラ選択が可能となっている点も大きなメリットの一つですね。

高画質な写真動画撮影安定性抜群のジンバルを搭載したOSMOにはどんな種類があるのか見てみましょう。

DJIOSMOシリーズおすすめ製品

前章ではDJI製のドローン高画質のカメラと安定性で革命を起こしたジンバルについてご紹介しました。

この技術が使われているDJIカメラOSMOシリーズにはどんな製品があるのでしょうか。

今回はその中でもおすすめを3つに絞りご紹介します。

スタンダードな広角カメラOsmo Action

OSMOActionの画像

出展:dji.com

OSMOシリーズの中で最もスタンダードなものがOsmoActionでしょう。

4K/60fps動画撮影はもちろん、デュアルスクリーンと最新の映像ブレ補正技術であるRockSteadyに加え、防水機能まで詰め込まれたまさにどの撮影目的に対しても使える汎用性の高いカメラです。

製品名 OsmoAction
製品価格 45,650円~
製品の大きさ 65x42x35mm(124g)
映像 4K/60fps
防水性 水深11mまで
映像ブレ補正 RockSteady
その他機能 8倍スローモーション、タイマー撮影モード

OsmoActionの購入はコチラ

OsmoAction人気な理由の一つがポケットサイズの持ち運びやすいモデルに起因しています。大きさは65x45x35mmと手のひらよりも小さなサイズ感で、重さも124gと全く気になりません。

手軽さの割に高性能な4K/60fpsの映像防水機能ブレ補正8倍スローモーションでの映像確認など様々な分野において汎用性のある機能が詰め込まれているため、その人気を不動の地位まで引き上げています。

コンパクトなサイズ感高性能な搭載機能を併せ持つOsmoActionはまさに最新のカメラと言えるでしょう。

OsmoActionについての詳しい概要は下記の記事よりご参照ください

DJI製カメラで最もスタンダードなOsmoActionの特徴とは

優れた携帯性とジンバル搭載Osmo Pocket

OsmoPocketの画像

出展:dji.com

DJI製品のカメラはどれも携帯性に優れた『手軽さ』をチャームポイントとしていますが、OsmoPocketはその中でも得に携帯性に特化した製品となっています。

製品名 OsmoPocket
製品価格 45,650円~
製品の大きさ 121.9×36.9×28.6mm(116g)
映像 4K/60fps
防水性 ×
映像ブレ補正 3軸モーター搭載ジンバル
その他機能 ロスレススタビライズ機構、FPVモード、ナイトショット

OsmoPocketの購入はコチラ

OsmoPocketの大きな特徴は通常のカメラ形状ではなく、片手で操作を完結させることのできるハンドヘルドにあります。

昨今では多くの人が行っている自撮り撮影には通常のカメラ形状では不便な点も多々あり、スマホだと手ブレやそもそもの画質が悪くなってしまう・・・ということは皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか。

OsmoPocketでは映像は4K/60fpsのため最高画質での撮影が可能な上、ドローンPhantomでもプロに絶賛されたブレ補正技術の3軸モータージンバルが搭載されています。

この2つによって今まで自撮りするには大きな難点だった2つの問題をクリアし、更にスマホ以上に楽な片手操作が可能となったものがOsmoPocketになります。

OsmoPocketについての詳しい概要は下記の記事よりご参照ください。

自撮り特化のDJI製カメラOsmoPocketとは

今あるスマホでお得に自撮り!DJIOM4

DJIOM4の画像

出展:dji.com

DJI製品のカメラはどれも手軽さを持ちながら高画質、安定性抜群の使いやすさを持っていますが、今あるスマホでよりお得に自撮りしたい!という方もいるでしょう。

そんな方向けにDJIが提供しているのがスマホ用スタビライザーのDJIOM4になります。

製品名 DJI OM4
製品価格 16,500円~
製品の大きさ 157x130x46mm2(405g)
映像 使用するスマートフォン動画解像度に依存
映像ブレ補正 3軸モーター搭載ジンバル
安全設計 磁気スマートフォンクランプ、磁気リングホルダー
その他機能 DJI Mimoアプリ、ジェスチャー操作、折り畳み設計

DJIOM4の購入はコチラ

DJIOM4最大の特徴はリーズナブルな価格設定3軸モーター搭載ジンバルスタビライザーに機能搭載されていることでしょう。

これまでのスタビライザーは手ブレ補正のないものがほとんどでした。DJIOM4にはドローンPhantomシリーズでもプロで絶賛された3軸モータージンバルが搭載され、空中撮影ですらブレを感じさせない安定感を自撮りに活用することができます。

また低価格帯のスタビライザーではスマホのキャッチが緩く、スマホが落下してしまうなどの危険性がありますが、DJIOM4には磁気マグネットによって固定されるため、その心配も不要です。

またDJIOM4にはDJIMimoというスマホ用アプリも開発されています。詳しくは下記の記事をご参照ください。

【パワフルな編集機能を体験しよう!】DJI Mimoアプリを徹底解説

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。