• HOME
  • ブログ
  • DJI
  • 【パワフルな編集機能を体験しよう!】DJI Mimoアプリを徹底解説

【パワフルな編集機能を体験しよう!】DJI Mimoアプリを徹底解説

ドローン最大手「DJI」が提供する「DJI Mimo」。

DJI Mimoには、写真や動画の可能性を広げ、パワフルな編集機能が搭載されていて、映像撮影のプロ顔負けの編集が実現できるようなアプリケーションという魅力があります。

このようにドローン最大手「DJI」は、世界で活躍するドローンの製造・販売をするだけでなく、アプリケーションの提供もしています。

本記事では、そんなDJIが提供するアプリケーション「DJI Mimo」をご紹介します

DJI Mimoアプリを徹底解説

DJI Mimoアプリとは?

DJI Mimoの画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoは、写真や動画の可能性を広げる直感的でパワフルな「編集機能」を搭載した「総合型アプリケーション」です。

DJI Mimoには、「撮影中のHDライブビュー」や多彩な「インテリジェントモード」というような様々なツールが搭載されています。

DJI Mimoを使い、最高の瞬間を「撮影から編集」「共有」まで、指先一つで行える「オールインワンソリューション」を体験してほしいと思います。

また、DJI Mimoアプリは「AppleStore(アップルストア)」「Android」「Googleプレイ」で利用することができます。

以下よりDJI Mimoアプリをダウンロードすることができます。

DJI Mimo

DJI Mimo
開発元:DJI
無料
posted withアプリーチ

 

DJI Mimoアプリの特徴を紹介

DJI Mimoアプリでは、「高精度な制御技術」でドローンを制御し、「直感的に使える編集機能」で映像編集を行ったことがない初心者の方でも簡単に「プロのような映像編集」が可能です。

またDJI Mimoには、プロの撮影に使われる「映像手法」などを学習できる「DJIアカデミー」を受けることができます。

以下で、DJI Mimoアプリの特徴や機能をご紹介します

高精度な制御技術

DJI Mimoアプリ「高精度な制御技術」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoアプリを使えば、カメラの「HDライブビュー」で映像を確認しながら、「ジンバルの動き」と「カメラパラメーター」を完全に制御でき、コンパクトな3軸スタビライザーを搭載したハンドヘルドカメラ「DJI Osmo Pocket」のポテンシャルを最大限に引き出せます。

また、「露光オーバー警告」や「ヒストグラム」などの機能があり、逃したくないその一瞬を「高画質で捉える」ことができます。

インテリジェントモードを搭載

DJI Mimo「インテリジェントモード搭載」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoにある「インテリジェントモード」と「新しいアルゴリズム」を用いれば、どんなに複雑でダイナミックな映像でも「思いのままに撮影する」ことができます。

以下で、DJI Mimoに搭載されている機能をご紹介します

1.アクティブトラック
2.フェイストラック
3.セルフィー撮影
4.パノラマモード
5.タイムラプス

1.アクティブトラック


DJI Mimoで使える「アクティブトラック」は、画面認識によりあなたの選んだ被写体を「自動で認識し、フォローしてくれる」機能です。

2.フェイストラック


DJI Mimoアプリ「フェイストラック」の画像

出展元:「DJIより」

フェイストラックは、セルフィーモード時に自動的に有効になり、常にあなたを「フレームの中心にキープしてくれる機能」です。

3.セルフィー撮影


DJI Mimoアプリ「セルフィー撮影」の画像

出展元:「DJIより」

「自撮り」とも呼ばれるセルフィー撮影ですが、DJI Mimoを用いることでセルフィー撮影が可能です。

DJI Osmo mobile3でもセルフィー撮影が可能で、「シンプルなジェスチャー」をするだけで動画の撮影ができるので、一人旅や旅行先などのグループ撮影に最適です。

4.パノラマモード


DJI Mimoアプリ「パノラマモード」の画像

出展元:「DJIより」

最近では、綺麗な写真やオシャレな写真を「パノラマ」で撮影している人が増えてきました。

DJI Mimoを使えば、旅先で出会った息をのむような美しい風景などを「多彩なパノラマモードで撮影」することで、オシャレで綺麗な写真を撮ることができます。

5.タイムラプス


DJI Mimoアプリ「タイムラプス」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoで「タイムラプス」や「モーションプラス」を使うことで、非現実的で不思議な映像や忘れられない旅の映像を「クリエイティブな形」で残すことができます。

映画のような映像体験ができる

DJI Mimo「映画のような映像体験」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoでストーリーモードを使えば、あらかじめ設定された「撮影パターン」と「カメラワーク」を組み合わせて、「プロ顔負けのビデオ」をいつでも撮影することができます。

映像撮影の仕上げに「専用のフィルター」と「サウンドトラック」を使うことで、あなたが撮影した映像がさらに「ユニーク」なものに変身します。

DJI Mimoを使えば、素晴らしい瞬間を撮影し、編集作業や共有まで全てを任せられる「最高のパートナー」になるはずです。

以下で、ストーリーモードでできることを解説します

1.プロ顔負けの動画を制作
2.様々な撮影テンプレート
3.いつでも最高のあなたを演出

1.プロ顔負けの動画を制作


プロ顔負けの映像制作の画像

出展元:「DJIより」

「映像を編集したことがない」という方がほとんどで、「自分で映像編集できるかな?」「素人でもカッコイイ編集がしたい!」と思った方がいると思います。

そんな映像編集が初心者で不安がある方でも、DJI Mimoの「専用フィルター」や「サウンドトラック」を使うことで、あなただけの映像に仕上げることができます。

またストーリーモードでは、「カメラワークが自動制御」されるため、あなたは「スタート」を押すだけでOKです。

あとの撮影は「Osmo Pocket」にお任せできます。

2.様々な撮影テンプレート


ストーリーモードには、あらかじめ設定されている「撮影パターン」がいくつも搭載されています。

撮影パターンから「最適なテンプレート」を選択して最高の瞬間を記録できます。

以下で、テンプレートの種類と特徴をご紹介します

【ストーリーモードに搭載されているテンプレート】
・180°回転テンプレート
・回転テンプレート
・アーティスティックなテンプレート

・180°回転テンプレート

180°回転テンプレートの画像

出展元:「DJIより」

ストーリーモードには上記gifのような「180°回転テンプレート」が用意されています。

パーティーで楽しんでいる様子や美しい風景などを「180°撮影」することができます。

・回転テンプレート

回転テンプレートの画像

出展元:「DJIより」

ストーリーモードには上記gifのような「回転テンプレート」が用意されています。

驚異的な回転テンプレートを使用することで、シーンごとに回転モーションを入れることで「ダイナミックな映像」へと変化します。

・アーティスティックなテンプレート

アーティスティックなテンプレートの画像

出展元:「DJIより」

ストーリーモードを使うことで、「気持ちの良い散歩中の風景」や「旅行映像」など、何気ない映像でも「アートな映像」に変身します。

オシャレでどこか芸術を感じさせる映像制作が可能です。

簡単操作で最高のあなたを演出

簡単操作で最高のあなたを演出の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoのストーリーモードは、「自動レタッチ」と「パラメーター設定のカスタマイズ」もサポートしています。

誰が見ても分かりやすい画面で、「美顔」「美白」などの調整を行うことができます。

ストーリーモードの使い方を紹介

DJI Mimo「ストーリーモード」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoストーリーモードを使用する前に、Osmo Pocketを「最新のファームウェアにアップデート」して、お使いのスマートフォンに最新バージョンの「DJI Mimo」がインストールされているかを確認する必要があります。

以下で、DJI Mimoストーリーモードの使い方をご紹介します

カメラの電源を入れよう

ストーリーモード使い方「カメラをオンにする」の画像

出展元:「DJIより」

上記gif画像のように、持ち手にある「電源ボタンを長押し」してOsmo Pocketをオンにします。

電源をオンにするとカメラが動きます。

スマートフォンに接続しよう

ストーリーモード使い方「スマートフォンに接続しよう」の画像

出展元:「DJIより」

電源ボタンを長押ししてOsmo Pocketを起動させたら、「スマートフォンアダプター(上記gifのスマートフォン差込口)」を使用して、Osmo Pocketを「スマートフォンに接続」します。

Osmo Pocketとスマートフォンを接続させると、「DJI Mimoアプリ」が自動的に起動します。

ストーリーモードを選択しよう

ストーリーモード使い方「ストーリーモードを選択しよう」の画像

出展元:「DJIより」

Osmo Pocketとスマートフォンを接続させた後、スマートフォン側で撮影モードをスライドして「ストーリーモード」を選択します。

ストーリーモードの選択は「上記gif」を参考にしてください。

テンプレートを選択しよう

ストーリーモード使い方「テンプレートを選択しよう」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoアプリで、上記gif左に写る「デモビデオ」をチェックして、「撮影詳細」を確認することができます。

詳細設定を見よう

ストーリーモード使い方「詳細設定を見よう」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoアプリ内にある「Start」をタップして「カメラビュー」にします。

その後、「ジンバルモード」を切り替えて、「様々なカメラワーク」を試してみて下さい。

また詳細設定では、「美顔効果」を使用することで「美顔パラメーター」を調整することができます。

キャプチャを開始させよう

ストーリーモード使い方「キャプチャを開始させよう」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoで、「録画ボタン」をタップして、ひとつずつ撮影します。

DJI Mimoには複数のクリップから構成される「テンプレート」があります。

録画ボタンを押すことで、テンプレートに沿った撮影をしてくれます。

撮影した映像をプレビューしよう

ストーリーモード使い方「撮影した映像をプレビューしよう」の画像

出展元:「DJIより」

DJI Mimoでは、録画した映像をすぐに「プレビュー」することができます。

「撮影した映像がなんか違うな~」と思っても、削除してまた「すぐに撮影し直す」ことができます。

撮影した映像を全世界の人と共有しよう

ストーリーモード使い方「撮影した映像を全世界の人と共有しよう」の画像

出展元:「DJIより」

映像撮影後は、動画が「自動的にアプリに生成」されます。

生成されたその映像をスマートフォンのフォトアルバムに保存した後、「Twitter」「Facebook」「Instagram(インスタグラム)」などのSNSに投稿して全世界に発信することも可能です。

撮影した映像のクオリティーによっては、「テレビ」などから取材が来るかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。