【Appleイベントをおさらい!】今回発表された新商品&新サービスはこれだ!

Apple Event(アップルイベント)ロゴマークの画像

Apple Event(アップルイベント)2020新製品&新サービスを紹介

Apple Event(アップルイベント)2020「Tim Cook(ティムクック)」の画像

出展元:「Appleより」

2020年9月16日午前2時(日本時間)に「Apple Event(アップルイベント)2020」が開催されました。

今回は新型コロナウイルス感染症「COVID-19」が流行しているため「オンライン限定開催」になりましたが、ネット上でイベントを心待ちにしていたという人が多くいたようです。

Apple Event(アップルイベント)2020では、以下のような新製品&新サービスが発表されました

【Apple Event(アップルイベント)2020新製品&新サービス】
・Apple Watch Series 6
・Apple Watch SE
・Fitness+
・iPad Air
・iPad第8世代
・Apple One

2020年9月16日午前2時(日本時間)の「Apple Event(アップルイベント)2020」では、「iPhone12」の発表はありませんでした

しかし多くの人が待ちに待った「iPad」「Apple Watch」そして、今まで通りの使い心地で新しいデザインを採用した「IOS14」は特に注目を集めています。

上記では過去に開催された「Apple Event(アップルイベント)2019」を紹介しましたが、ここでは2020年9月16日午前2時(日本時間)に行われた「Apple Event(アップルイベント)2020」について詳しくご紹介します

血中酸素濃度を測定できる優れもの「Apple Watch Series 6」

「Apple Watch Series 6」の画像

出展元:「Appleより」

Apple Event(アップルイベント)2020で一番初めに発表された新製品は、「Apple Watch Series 6」です。

Apple Watchは、「日常で使う時計として使用する方」「生活の中にApple Watchを取り入れて1日を管理して欲しい方」「健康・運動・仕事をサポートして欲しい方」など幅広い方に絶大な支持がある「腕時計」です。

Apple Watch Series 6価格について
価格 $ 399(約41,718円)~

またApple Watchには「心拍数をモニタリング」したり「周期記録や転倒検出」する機能など、実際にApple Watchで「人生が変わった人」や「命を救われたという人」がいます。

だからこそApple Watchは世界中で愛されています。

そんなApple Watchも2020年今年は「Apple Watch Series 6」となり登場しました。

Apple Watch Series 6は「最も進んだApple Watch」として、「最新のルックス」「健康」「Fitness(フィットネス)」等に特化しています。

以下で、Apple Watch Series 6の特徴をご紹介します

1.新しい睡眠アプリケーション
2.VO₂ MAX(最大酸素摂取量)を測定できるようになった
3.美しいデザイン
4.血中酸素ウェルネスを手首で測定
5.A13 Bionicをベースにした高性能な「デュアルコアプロセッサ」搭載
6.常時表示ディスプレイの向上
7.文字盤が追加
8.交換可能なバンド
9.Familiy Setup(ファミリーセットアップ)の追加

1.新しい睡眠アプリケーション


「新しい睡眠アプリケーション」の画像

出展元:「Appleより」

Apple Watch Series 6では、モーションセンサーで睡眠を記録してくれる「新しい睡眠アプリケーション」を利用することができます。

こちらのアプリケーションでは、「自動手洗い検出機能」が備わっていて、「手の動き」と「手洗いの音」を自動的に検出し、推奨されている「20秒の手洗い」を促します。

近年で流行した新型コロナウイルス感染症「COVID-19」を予防するためにも、こちらの機能を使用して「手洗いうがい」をしっかりと行ってほしいと思います。

2.VO₂ MAX(最大酸素摂取量)を測定できるようになった


Apple Watch Series 6では、低い指標の「VO₂ MAX(最大酸素摂取量)」を測定できるようになりました。

アメリカ心臓協会では、心肺機能を定期的に「評価」することを推奨しています。

心肺機能を評価するためには、「VO₂ MAX(最大酸素摂取量)の測定」がベストです。

しかし問題なのは、VO₂ MAX(最大酸素摂取量)の測定は「専門機関でないと測定できない」ということでした。

そこでwatchOS 7が「広範囲のVO₂ MAX(最大酸素摂取量)の測定」を可能にしました。

この機能追加により、「健康状態を予測」するのに役立てることができます。

更に年末までには、VO₂ MAX(最大酸素摂取量)が「低い指標」になった際にも通知が届くようになります。

3.美しいデザイン


「Apple Watch Series 6デザイン」の画像

出展元:「Appleより」

Apple Watch Series 6では、「パワフルな機能」と「美しいデザイン」を組み合わせたこれまでで「最もカラフルなラインナップ」が魅力的です。

以下で、Apple Watch Series 6のデザインをご紹介します

【Apple Watch Series 6のデザイン】
・ブルーアルミニウムケース
・ゴールドステンレススチール
・グラファイト
・PRODUCT RED

・ブルーアルミニウムケース

「ブルーアルミニウムケース」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

こちらのアルミニウムでできた全く新しい「ブルーアルミニウムケース」は、「軽量」で100%再生素材の、航空宇宙産業で使用される「アロイ(合金)」を採用しています。

・ゴールドステンレススチール

「ゴールドステンレススチール」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

ゴールドステンレススチール製のケースは、輝きを放つ鏡面加工の仕上げを施していて、「高い耐久性」が魅力です。

またゴールドというカラーからも「高級感」があるので、使っていて上品でカッコイイ腕時計になります。

・グラファイト

「グラファイト」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

グラファイトステンレススチールケースも輝きを放つ鏡面加工の仕上げをしている「高い耐久性」を持ったケースです。

上品な「大人の雰囲気」があるので、ビジネスマンに使っていただきたいケースです。

・PRODUCT RED

「PRODUCT RED」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

PRODUCT REDアルミニウムケースは、「軽量」で100%再生素材の航空宇宙産業で使用されている「アロイ(合金)」を採用しています。

「赤が好きだ!という方」や「腕時計にアクセントが欲しい方」にはおすすめできます。

4.血中酸素ウェルネスを手首で測定


血中酸素ウェルネスを手首で測定のgif画像

出展元:「Appleより」

Apple Watch Series 6では、「血中酸素ウェルネスを手首で測定」することができます。

「血中酸素ウェルネスを手首で測定するセンサー」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Apple Watch Series 6の「新しいセンサー」は赤色光と赤外線を「手首に照射して反射光」を測定します。

高度なアルゴリズムを用いることで、データから「血液の色」を算出し現在の取り込まれた「酸素のレベル」を表示してくれます。

こちらの新しい「血中酸素ウェルネスアプリケーション」を使って、たったの「15秒」で血中酸素ウェルネスを測定することができます。

「血中酸素ウェルネスアプリケーション」でバックグラウンド計測の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

また、Apple Watch Series 6は、「バックグラウンドで定期的に計測」を行い、「ヘルスケアアプリケーション」に保存してくれます。

なので、Apple Watchを着けたままベットに入れば就寝中に「血中酸素ウェルネス」を測定してくれます。

健康維持のための素晴らしい機能なので、是非活用して欲しいと思います。

5.A13 Bionicをベースにした高性能な「デュアルコアプロセッサ」搭載


「第6世代のSystem in Package」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Apple Watch Series 6では「血中酸素ウェルネスを測定」したり、「電話を掛けたり」「アクティビティリングを確認」できますが、その全てを可能にしているのが、「Appleシリコン(システム・オン・チップ)」なのです。

Apple Watch Series 6には、iPhone11に使われたチップ「A13 Bionic」をベースにした「高性能なデュアルコアプロセッサ」である「S6(第6世代System in Package)」が搭載されています。

Apple Watchのためだけにデザインされたもので、他の業界にはないものです。

S6(第6世代System in Package)は、前世代と比べて「最大20%高速」になり、外出時に役立つ新機能が満載です。

Apple Watch Series 6を実際に手に取り、最大20%高速化したS6や新機能などを体験して欲しいと思います。

6.常時表示ディスプレイの向上


「常時表示ディスプレイの向上」の画像

出展元:「Appleより」

Apple Watch Series 6は、「エネルギー効率の高い設計」がされていて、「常時表示ディスプレイ」が更に向上しました。

明るい日でもディスプレイを起こさずに画面を確認することができます。

そのため時計を復帰させるために「手首を上にあげる必要がなく」、手首を下げた状態でも以前の「2.5倍」の明るさがあるので、時計のすべての情報を簡単に見ることができます。

「常時計測の高度計」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

またApple Watch Series 6には、「常時計測の高度計」が搭載され、1日中高度変化を確認することができます。

文字盤を見るだけで、高度の変化が「リアルタイム」でわかるので、ハイキングをする人にとっては嬉しい機能です。

加えて「血中酸素ウェルネス」を使用することで、今後はいつでもどこでも「酸素のレベル」をチェックすることができます。

これら新機能は、ハイキングやキャンプなどで活用できます。

 


「文字盤」の画像

出展元:「Appleより」

文字盤はApple Watchの「重要な要素」と言っても過言ではありません。

Apple Event(アップルイベント)2020では、たくさんの素晴らしいデザインが加わりました。

【Apple Event(アップルイベント)2020で発表された新しい文字盤】
・GMT文字盤
・カウントアップ文字盤
・クロノグラフプロ文字盤
・タイポグラフィ文字盤
・アーティストの「ジェフ・マクフェトリッジ」と協同した文字盤
・ミー文字の文字盤
・ストライプ文字盤

またwatchOS7では、更に特別な文字盤を作るための「新しいツールをデベロッパに提供」しています。

以下で、watchOS7で使用できるようになる可能性がある3種類の特別な文字盤をご紹介します

・サーフィンを楽しむ人用の文字盤
・写真を楽しむ人用の文字盤
・医療従事者向けの文字盤

・サーフィンを楽しむ人用の文字盤

「サーフィンを楽しむ人用の文字盤」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

watchOS7では、「サーフィンを楽しむ人用の文字盤」が使用できるようになるかもしれません。

「Dawn Patrolアプリケーション」で「波の状態」を確認することができます。

波の状態を知れるのでサーファーにとって嬉しい機能です。

・写真を楽しむ人用の文字盤

「写真を楽しむ人用の文字盤」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

watchOS7では、「写真を楽しむ人用の文字盤」が使用できるようになるかもしれません。

「Lumyアプリケーション」で「太陽の位置」を確認できます。

太陽の位置を確認することで、幻想的な1枚をカメラに収めることができます。

・医療従事者向けの文字盤

「医療従事者向けの文字盤」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

watchOS7では、「医療従事者向けの文字盤」が使用できるようになるかもしれません。

医療従事者向けの文字盤では、「Notableアプリケーション」で次の任務を確認することができます。

スケジュール管理ができるので、「仕事の効率化」に繋がります。

8.交換可能なバンド


Apple Watch Series 6「交換可能なバンド」の画像

出展元:「Appleより」

Apple Watch Series 6では、「交換可能なバンド」が魅力的です。

昔ながらの腕時計のバンドには、「金具」か「バックル」が付き、サイズ調整の選択肢が少ないというのがマイナスの特徴でした。

しかし、Apple Event(アップルイベント)2020では全く新しいバンドが登場しました。

その名も「ソロループ」です。(以下画像)

「ソロループ」の画像

出展元:「Appleより」

ソロループは、とてもシンプルなデザインで金具やバックルなど重なる部分がない「ひとつながりの構成」でできています。

ソロループはApple独自の「液状シリコン」で作られていて、「伸縮性」があり「脱着が簡単」というのが特徴です。

美しく耐久性があり、「水泳」にも使える仕様になっているのでどこでも着けて行くことができます。

「ソロループ様々な大きさのラインナップ」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

またソロループは「数多くのサイズ」が用意されていて、子供から大人まで様々な人に対応したサイズを選ぶことができます。

「7種類のソロループ」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

ソロループは「7色のカラー」が用意されていて、自分好みの色のソロループを選ぶことができます。

気分によってソロループの色を変えたりするというのも気分転換になるかもしれません。

更にAppleは、「もう1種類のソロループ」を製作しました。

その名も「ブレイデッドソロループ」です。(以下画像)

「ブレイデッドソロループ」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Appleが発表したもう一つのソロループ「ブレイデッドソロループ」は、「100%リサイクルの糸」を使用し極細のシリコン糸を丁寧に編み込んで作られています。

選べるカラーが「5色」あり、好きな色のブレイデッドソロループを選ぶことができます。

100%リサイクルできる糸を使用しているので「環境面で優しい」という特徴があり衛生的です。

またソロループ以外にも新しいバンドが発表されています。

・レザーリンク

「レザーリンク」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

レザーバンドでは、新たに「レザーリンク」を発売しました。

レザーリンクは「ループバック」や「金具」を取り除いたデザインになっていて、「安全で調整可能なフィット感」が魅力なバンドです。

・Apple Watch Nike

「Apple Watch Nike」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Apple Watchは、スポーツ用品メーカー大手の「Nike(ナイキ)」とコラボしたバンド「Apple Watch Nike」があり、今回はApple Watch Nikeの大幅アップデートが発表されました。

「新しい色のスポーツバンド」と「スポーツループ」が登場し、「新しいNike文字盤」も同時に発表されました。

健康の為にランニングや運動などスポーツをする人には必須と言えるNike(ナイキ)のバンドを是非体験して欲しいと思います。

・Hermès(エルメス)2種類のバンド

「Hermès(エルメス)バンド」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Apple Watchはあの世界的に有名なブランド「Hermès(エルメス)」とコラボしたバンドを発売しています。

今回のイベントで発表されたApple Watch Hermèsは「2種類」あります。

・シングルツアー展開バックル

「シングルツアー展開バックル」の画像

出展元:「Appleより」

Hermès(エルメス)の「シングルツアー展開バックル」は、「手作りの革」から作られ、Hermès(エルメス)のクラシックに洗練された「隠しバックル」が付いています。

上質な素材と、高級感溢れるバックルで「どんな場面でも使える」という魅力があります。

・ダブルツアーバックル

「ダブルツアーバックル」の画像

出展元:「Appleより」

Hermès(エルメス)の「ダブルツアーバックル」は、とても「スリム」でクラシックエルメスデザインに「細長いオシャレなデザイン」をしています。

高級感もありながら、細長いデザインをしているので「あまり目立たないバックルが欲しいという方」「女性」などでもオシャレに着けることができます。

9.Familiy Setup(ファミリーセットアップ)の追加


「Familiy Setup(ファミリーセットアップ)」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Appleの新しい試みとして「Familiy Setup(ファミリーセットアップ)」というファミリー共有設定で、「大切な人」「家族」などと繋がることができます。

現在Apple WatchはiPhoneとのペアリングが必要ですが、家族は持っていないかもしれません。

そこでこちらの「Familiy Setup(ファミリーセットアップ)」というアプリを使うことで、「お子さん」や「高齢の家族用」のApple Watchをペアリングすることができ、それぞれ「個々の電話番号」と「アカウント」で使うことができます。

ファミリー共有設定の最大の魅力は、「お子さんや高齢の親御さんの独立を促し、電話ですぐに繋がれる安心感」を得られることです。

以下で、ファミリー共有の魅力を例を用いてご紹介します

・子供の連絡先を親が管理できる
・自動位置情報通知
・多彩な機能
・Apple Watchでミー文字を作成
・スクールタイムモード

・子供の連絡先を親が管理できる

「子供の連絡先を親が管理」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

ファミリー共有の活用例として、「子供の連絡先を親が管理できる」という使い方があります。

「電話やメッセージの相手を限定することができる」ので、親が都度確認をしなくても大丈夫になっています。

・自動位置情報通知

「自動位置情報通知」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

ファミリー共有では、「自動位置情報通知」を設定できます。

子供が「おばあちゃんの家にいるのか」「学校にいるのか」「スポーツをしているのか」など「お子さんのいる場所を正確に確認できる」機能です。

子供がどこにいるのかが一目でわかるので、親は安心して過ごすことができます。

・多彩な機能

「多彩な機能」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

お子さんはよりアクティブに過ごすため、「動き」を確認したり「アクティビティ」や「ワークアウト」などの「多彩な機能」を活用できます。

・Apple Watchでミー文字を作成

「Apple Watchでミー文字を作成」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

お子さんはApple Watchだけで、「ミー文字」を作成することができます。

完成したミー文字は「メッセージのステッカー」として共有できたり、「ミー文字の文字盤」などに使用することができます。

・スクールタイムモード

「スクールタイムモード」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

学校や家庭で勉強をする時、新しい「スクールタイムモード」を使えば「おやすみモード」によって通知などに邪魔されずに集中して勉強に取り組むことができます。

また「アプリケーションの利用も制限」され、より集中した環境で勉強ができます。

「スクールタイムモード一目でわかる」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

更に、スクールタイムモード中は特徴的な「黄色の文字盤」になるので、親や教師がすぐに認識できます。

そして親は自分のiPhone上で設定を行うことで、「Apple Watchが一定時間自動的にスクールタイムモード」に入るように設定できます。

このように親が子供のApple WatchをiPhoneから設定できるので、「親も安心できる」「子供も勉強に集中できる」という大きなメリットがあります。

このような魅力的なファミリー共有設定は、「Series 4以降のCelluarモデル」に対応しています。

ファミリー共有設定で家族は更に繋がることができ、子供は「自主性」と「主体性」が増します。

皆さんが安心して利用できるサービスなので、この記事を見た多くの人に体験して欲しいと思います。

リーズナブルな価格で高性能!「Apple Watch SE」

「Apple Watch SE」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Apple Event(アップルイベント)2020では、Apple Watch Series 6の「デザイン要素」と「Apple Watchの最も重要な機能」を兼ね備えたモデルとして「Apple Watch SE」が発表されました。

Apple Watch SEは、より「リーズナブルな価格」でお求めやすいという特徴があります。

Apple Watch SE価格について
価格 $ 279(約29,171円)~

またApple Watch SEは「多彩な機能」と「新機能」全てが揃っていて、多くの魅力があるApple Watchです。

以下で、Apple Watch SEの魅力をご紹介します

【Apple Watch SE魅力】
・リーズナブルな価格
・よりアクティブで健康でいられる機能
・最大かつ最先端のディスプレイを採用
・「文字盤の情報」や「アプリケーション」が増えた
・「メッセージ」、「カレンダー」、「マップの情報量」が増えた
・ワークアウト中の計測値が「大きくて見やすい」
・S5チップ搭載でApple Watch Series 3よりも「最大2倍の速さ」
・「Celluarモデル」ではより簡単に人と繋がれる
・「加速度センサー」「ジャイロスコープ」「コンパス」「高度計」がApple Watch Series 6と同じもの
・「転倒検出」をサポート

このことから、Apple Watch SEでも十分「高機能」「高性能」だということが分かります。

また「Apple Watchを初めて買う」という方に最適なモデルになっています。

ユーザーにとって嬉しい、「リーズナブルな価格」という魅力があるApple Watch SEを体験してみてほしいと思います。

好きな方法で、好きな場所でワークアウト!「Fitness+」

「Fitness+」の画像

出展元:「Appleより」

AppleがApple Watch誕生当初からもたらした最大のインパクトは、「人々を活動的にする手助けをしたこと」です。

Appleでは皆さんの「フィットネス」への意欲を更に刺激しようと取り組んでいます。

Apple Watchの健康に対する取り組みをしていて、「毎日アクティビティリングを完成させるだけで健康的になった人」やアクティブ共有を使って遠くにいる人と繋がり続け「励まし合っている友人同士や家族」などもいます。

Apple Event(アップルイベント)2020では、健康維持の意識を高めるためのApple Watchの新しいサービス「Fitness+」を発表しました。

Apple Watchユーザーは、ワークアウト中に手首の上で全ての測定値を見ることができます。

Apple Watchに内蔵されているセンサーにより「心拍数」「消費カロリー」「ベース」「距離」などを確認することができ、そのデータがモチベーションを維持し持続するのに役に立ちます。

以下で、Fitness+」の特徴・仕様をご紹介します

1.やりたいワークアウトを選べる
2.サマリー(まとめ)画面でワークアウト後の詳細を見ることができる
3.自分に合ったワークアウトを見つけることができる
4.都合の良い場所でいつでもできる
5.トレーナーチームが様々なワークアウトを提供
6.モチベーションを高める音楽
7.完全初心者向けのプログラム
8.パーソナライズされたおすすめのワークアウトが見つかる

1.やりたいワークアウトを選べる


「Fitness+アプリケーション」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Fitness+では「iPhone」「iPad」「Apple TV」のビデオのカタログから「やりたいワークアウト」を選ぶことができます。

選択したビデオを再生すると、Apple Watchのワークアウトアプリケーションが「正しいワークアウトを自動的に開始」してくれます。

更に測定値を「リアルタイム」でワークアウトを見ている画面に送ります。

つまり手首の上の「Apple Watchの画面」と「目の前の画面」でデータを確認することができ、それが「モチベーション維持」に繋がります。

「ワークアウト中の画面」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

例を挙げると、ワークアウト中にトレーナーが心拍数を確認するように促すと数字が大きく表示され「必要な詳細情報」が見やすくなります。

Fitness+「カウンタータイマー」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

また厳しいインターバルの最中には、「カウントダウンタイマー(上記画像の赤枠)」が表示され最後まで頑張ろうというモチベーションを高めてくれます。

Fitness+「アクティビティリング」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」の3つの項目であなたの毎日を健康にしてくれる「アクティビティリング」は「画面上(上記画像の赤枠)」に表示され、ワークアウトがどのようにその日のリング完成に役立っているか確認することができます。

Fitness+「ワークアウト中にリングが完成した場合」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Fitness+では、ワークアウト中のリングの完成の瞬間を見逃しません。

リングが完成した場合「画面上(上記画像の赤枠)」で知らせてくれます。

リングが完成した瞬間に渦のようなエフェクトが発生し、高い達成感を得ることができます。

2.サマリー(まとめ)画面でワークアウト後の詳細を見ることができる


Fitness+「サマリー(まとめ)」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Fitness+では、ワークアウトが終わると分かりやすい「サマリー(まとめ)」を表示してくれます。

そしてApple Watchのセンサーから得た全てのデータが「サマリー画面」に表示されます。

【サマリーで表示される項目】
・消費カロリー
・平均心拍数
・距離
・ペース
・アクティビティリングの状況

ワークアウト終了後にサマリーを確認することで、上記項目のような「詳細」を見ることができるので、次ステップに繋げることができます。

3.自分に合ったワークアウトを見つけることができる


Fitness+は最も人気の高いワークアウトと共に運動することができ、「自分に合ったワークアウト」を見つけることができます。

【Fitness+で見つかるワークアウト種類】
・ヨガ
・サイクリング
・ダンス
・室内ウォーキング、室外ウォーキング
・筋力トレーニング
・コアトレーニング
・インターバルトレーニング
・ローイング
・大事なクールダウン

上記のように多くのワークアウトがあるので、自身が行いたいトレーニングを選択でき「最適な運動」が実現します。

4.都合の良い場所でいつでもできる


Fitness+を使えば、好きなワークアウトを「好きな時に」「好きな場所で」できるという柔軟性があります。

【Fitness+活用場所の例】
・自宅
・ジム
・屋外
・旅行先

このように様々な場所でワークアウトを行うことができるので、Fitness+は「最高のパートナー」になります。

5.トレーナーチームが様々なワークアウトを提供


Fitness+パートナーの画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Fitness+では、毎週素晴らしいトレーナーチームがFitness+スタジオから「様々なワークアウトを提供し」皆さんが継続できるようにしています。

毎週様々な時間とインストラクターでの「新鮮なワークアウト」を提供してくれます。

6.モチベーションを高める音楽


トレーナーはモチベーションを高めてくれる「最高の音楽」も用意してくれています。

「最新のヒット曲」から「ヒップホップ」など多くの国に対応した音楽を取り揃えています。

Fitness+「音楽」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

また「Apple Musicにサブスクリプション登録」していれば、簡単に「Fitness+のプレイリスト」を保存し、ワークアウト中でなくても後から「Apple Music」で聴くことができます。

7.完全初心者向けのプログラム


Fitness+「完全初心者向けのプログラム」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Fitness+では、「フィットネス初心者」や「久しぶりに運動する」という方に向けて「完全初心者向けのプログラム」が組み込まれています。

このプログラムでは、「動き」と「フィットネスの基礎」を学び「スタジオワークアウトに安全に参加できる」ようになります。

8.パーソナライズされたおすすめのワークアウトが見つかる


Fitness+「パーソナライズされたおすすめのワークアウト」の画像

出展元:「Apple Youtubeより」

Fitness+は次の最適なワークアウトを見つかるように、ユーザーにパーソナライズされた「おすすめのワークアウト」を見つけるためのアシストをしてくれます。

賢い提案で「好きなものが簡単に見つかり」、ルーティーンのバランスを取るための「新しいトレーナー」や「ワークアウト」を探せるようにしています。

このように「毎日ワークアウトをする人」や「生活でフィットネスの時間を増やしたい人」「これから始めようとしている人」なども、「利便性」「専門家のコーチング」など魅力満載のFitness+なら、ワークアウトを「次のレベル」に引き上げてくれると思います。

またFitness+は「2020年後半」に登場します。気になるFitness+の利用料金は以下の通りです。

Fitness+利用料金
価格(月) $ 9.99/月(約1,042円/月)
価格(年) $ 79.99/年(約8,344円/年)
Apple Watch購入者特典 Apple Watchを購入すると、Apple Fitness +が「3か月間」含まれます。